Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「戦国の城-安土城への道」

azuchi

先週、県立安土城考古学博物館
秋の特別展「戦国の城-安土城への道-」を観に行って来ました。

azuchi

博物館の目の前には安土城のあった安土山。

azuchi

更に後方には観音寺城のあった繖山と、城ファンにはたまらない
ロケーションでありんす(と、何故か日曜劇場「JIN-仁-」野風
口調・笑。最早注目すべきは『天地人』より『天地仁』?)。

azuchi

まず、博物館に入る前に、文芸の郷周辺をぶらっと散策。
紅葉にはちょっと早いですけど、のどかで気持ちのいいところです。

miya

この茅葺きの民家は国の重要文化財に指定されている旧宮地家住宅
(1754年建造なんですって!)。他にも敷地内には旧安土巡査駐在所
旧柳原学校校舎など保存のために県内各地から移築された建物が
屋外展示されてました。

azuchi

そして、いよいよ博物館の中へ。勿論、自他共に認める城好きゆえ、
特別展の展示内容もなかなか興味深かったんですが(やっぱり僕、
どちらかというと山城萌えみたい・苦笑)、実はここを訪れたのには
もう一つ理由がありました。

azuchi

それは何かと言うと、そう、顔ハメ看板
館内に入ると、早速この2体が出迎えてくれます
(左側のガマに乗ったのはタヌキで、右側はサル忍者でしょうか?)。

azuchi

それから、中庭の回廊にも狩り装束殿様姫君らしき
顔ハメ看板が2体(ここ迄はフリースペースなので、入場料を
払わずとも、どなたでも入れます。喫茶コーナーの一角では、
お城のプラモデル戦国武将のフィギュアといった戦国グッズ
も販売されてました)。

hikonyan

でも、僕の一番のお目当ては、有料ゾーンとなる展示室前ロビー
にあるこのひこにゃん彦根城の顔ハメ看板(笑)。

ひこにゃんの登場以降、すっかり「ゆるキャラ大国」と化した滋賀ですが
(驚いたことに、最近では郵便局の景品までひこにゃんグッズだったりします。
先日、うちのオカンが貰って来ました・笑)、より一層、地域振興に活用すべく、
ゆるキャラの顔ハメ看板もどんどん作って頂きたいものです。



ちなみに、今年僕が遭遇した顔ハメ看板は今日現在26個。滋賀周辺はもとより、
全国にはまだまだ沢山の顔ハメ看板があるみたいだから、とりあえずは
「100顔ハメ」を目指すとしようかな(苦笑)。


CHRONICLE 2001-2009CHRONICLE 2001-2009
(2009/06/24)
畠山美由紀
リリー・フランキー



最後に、本題と関係なく【ラジオ・メモ】を一つ。
明日のNHK-FM「ライヴビート」畠山美由紀教会ライヴ
キャロル・キング「So Far Away」ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」カーラ・ボノフジェイムス・テイラーでお馴染みのトラッド「The Water Is Wide」といったお得意のレパートリーと共に、ジェシー・ハリスがプロデュースしたPort of Notesの最新作『Luminous Halo(ルミナス・ヘイロー)~燦然と輝く光彩~』に収録されている「高台の家」「心の半分」などもオンエアされるようなので、これは聞き逃せませんぜ!!

 http://www.nhk.or.jp/livebeat/



関連記事
スポンサーサイト

| kaohame | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/844-4a39e059

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT