Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#16

Wish Upon a Star/Alone with DionWish Upon a Star
/Alone with Dion

(1993/12/20)
Dion & The Belmonts
Dion



#16:2009年11月24日放送

OP:Those Oldies But Goodies (Remind Me of You)
 ゾーズ・オールディーズ・バット・グッディーズ
 ~リマインド・ミー・オブ・ユー 1961年9位/R&B28位
 [ Nick Curinga/Paul Leo Politi ]
 /リトル・シーザー&ザ・ロマンス(リトル・シーザー&ザ・ローマンズ)
 Little Caesar & The Romans

01: Lana 愛しのラナ 1961年
 [ Joe Melson/Roy Orbison ]
 /ヴェルヴェッツ The Velvets

02: I Will Follow Him (Chariot)
 アイ・ウィル・フォロー・ヒム  1963年1位
 [ Arthur Altman/Norman Gimbel/Jacques Plante
 /Del Roma/J.W. Stole ]

 /リトル・ペギー・マーチ Little Peggy March
 with Sammy Lowe and His Orchestra

03: Sugar, Sugar シュガー・シュガー  1969年1位
 [ Jeff Barry/Andy Kim ] 
 /アーチーズ  The Archies

04:When You Wish Upon A Star
 ホエン・ユー・ウィッシュ・アポン・ア・スター 1960年30位
 [ Leigh Harline/Ned Washington ]
 /ディオン&ザ・ベルモンツ Dion & The Belmonts

05:Smoke Gets In Your Eyes 煙が目にしみる 1959年1位
 [Otto Harbach / Jerome Kern]
 /プラターズ The Platters

06:Blue On Blue ブルー・オン・ブルー 1963年3位/AC2位
 [ Burt Bacharach/Hal David ]
 /ボビー・ヴィントン Bobby Vinton

07:I'll Go On Loving You 燃ゆる想い 1959年(日本のみでヒット)
 [ George Colovas ] 
 /ジャミー・クー Jamie Coe  

08:Love Grows (Where My Rosemary Goes)
 恋のほのお 1970年5位
 [Barry Mason / Tony Macaulay]
 /エジソン・ライトハウス Edison Lighthouse

09:Na, Na, Hey, Hey, Kiss Him Goodbye
 ナナ・ヘイ・ヘイ・キス・ヒム・グッバイ 1969年1位
 [ Gary DeCarlo/Dale Frashuer/Paul Leka ]
 /スチーム(スティーム) Steam

10: Hello, Dolly! ハロー・ドーリー! 1964年1位/AC1位
 [ Jerry Herman ]
 /ルイ・アームストロング Louis Armstrong


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第16回放送のおさらいがてら、エアプレイ・リストにソングライターやチャート&年代、邦題、BGMなども書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回は第11回(2009年8月25日放送)で好評だった「OLDIES BUT GOODIES~古くても素敵な唄」特集続編。チャート記録だけ見てもわかるるように、前回以上にお馴染みどころの直球オールディーズ中心の選曲ではあるものの、亀渕さんの軽快でテンポのよいDJのもと、ラジオで聴くとやはりどれも格別(音源持ってるものでも普段あまり聴かないですもんね)。なかでも個人的にツボだったのは4曲目(ディズニー映画の名曲「星に願いを」をあえてディオン&ザ・ベルモンツのヴァージョンでかけて下さる辺りは流石、亀渕さん!)。あと久し振りにヴェルヴェッツ「愛しのラナ」が聴けて嬉しかったです。この曲を聴くと、佐野元春さんDJの「FMスーパーミクスチュア」大滝詠一さんと健太さんがゲスト出演してた「新春対談~健太・詠一・元春の素晴らしきポプシクル・ワールド」(1989年年1月1日放送)を思い出すんですけど、そうか、もう20年前になるんですね・・・(ロイ・オービソンの作品ということで、エヴァリー・ブラザーズ「クローデット」と共に大滝さんが選曲されてました)。

ちなみに「燃ゆる想い」の作者はどうやらジャミー・クー本人の模様(George Colovasが本名だとか)。それから「Na, Na, Hey, Hey, Kiss Him Goodbye」「キスしてグッバイ」という邦題が付いてるのは、スチームじゃなくて、バナナラマのカヴァー・ヴァージョン(1983年UK5位)の方なんですよね(時々ごっちゃになります・苦笑)。更に最近デバージ(DeBarge)ジェームズ・デバージのお嬢さん、クリスティーナ・デバージ(Kristinia DeBarge)が原題もシンプルに「Goodbye」としてカヴァー(というかリメイク)してるみたい。ややこしや~(^^;)。

尚、次回の放送は12月8日で(あ、うちのオトンの誕生日だ!)、時節柄クリスマス・ソング特集を用意して下さってるようです。クリスマス・ソングがお好きな方もそうじゃない方も、きっと楽しい放送になると思いますので、どうぞ皆様お聴き逃しなく♪




関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/854-ed07ed30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT