Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仲井戸麗市の「D.N.A.~ロックの殿堂~」#2

堕ちた天使堕ちた天使
(2008/01/23)
ザ・ポーグス



JFN「D.N.A.~ロックの殿堂~」
2009年11月20日(金)PM19:00-19:55
DJ:仲井戸麗市


OP.Pearly Shells 真珠貝の歌 
 [ W.Edwards / L.Pober ]
 /ビリー・ヴォーン楽団 Billy Vaughn & His Orchestra

【チャボさんが今年ステージでカヴァーした曲を集めて】
01.A Place In The Sun 太陽のあたる場所 1966年9位
 [ Ron Miller/Bryan Wells ]
 /スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder

02.Boom Boom (Out Go the Lights) ブーン・ブーン 1965年43位
 [ Walter Jacobs ] /アニマルズ The Animals

03.Light My Fire ハートに火をつけて 1968年3位/R&B29位
 [ John Densmore/Robbie Krieger
 /Ray Manzarek/Jim Morrison ]

 /ホセ・フェリシアーノ Jose Feliciano

04.Woodstock ウッドストック 1970年11位
 [ Joni Mitchell ]
 /クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
 Crosby, Stills, Nash & Young  CSN&Y

05.Daydream デイドリーム 1966年2位
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル Lovin' Spoonful

06.Fiesta フィエスタ 1988年
 [ Jem Finer/Lindt Kotscher/Shane MacGowan ]
 /ポーグス The Pogues

ED:Everyday I Have The Blues
 エブリデイ・アイ・ハブ・ザ・ブルース 1955年R&B8位
 [ Memphis Slim ]
 /B.B.キング B.B.King


10月23日放送に続くチャボさんDJの第2回目
(後々何かと便利なので、またまた個人的にリスト作成&アーカイブ)。

まずチャボさんの近況は、「9月の終わりにファンクラブの人達と軽井沢に小旅行をしてきました」(チャボさんはジョン・レノンと誕生日が同じということもありジョンへの思い入れが強く、万平ホテルもジョンが利用してた部屋に泊られたそう)、「(生まれ月の)10月は渋谷AXでライヴ。RC時代の曲を1人で歌った・・・」、「11月は来月のライヴに備えて麗蘭のリハや曲作り、作戦会議などをしてます」とのこと。

そして番組は上記の通り、チャボさんが今年ステージでカヴァーした曲の特集だったんですが、「英語が非常に弱いので、日本語でしか歌えない。(悔しいんだけど)山下達郎くんみたいに英語で上手に歌えない(苦笑)。その代わり(ある意味、作者には申し訳ないんだけど)タイトルとメロディのイメージで勝手に自分の詞を書いちゃうので、半分オリジナルみたいなもんです」とチャボさん(笑)。でも、僕のような日本語カヴァー好きにとっては、それがまた魅力的なんですよね(^^)。

では以下、各曲についてのチャボさんのコメントはというと、スティーヴィー・ワンダー「太陽のあたる場所」は5月頃ライヴで歌ったんだそうで、しきりに「スティーヴィーとは同い年」を強調(笑)。続く「ブーン・ブーン」ジョン・リー・フッカーの曲だけど、チャボさんが初めて聴いたのはアニマルズだったからとアニマルズでオンエア。鮎川誠さんと一緒に九州で演奏されたそうなんですが、そう言えば三宅伸治さんも『三宅伸治プロジェクトII Guitar’s Talk』で鮎川さんと一緒にこの曲やってましたね!それから3曲目の「ハートに火をつけて」は、ドアーズのオリジナル・ヴァージョンではなく、ホセ・フェリシアーノ風にアコギの弾き語りでやったというお話(実はバンバンバザールもホセ・フェリシアーノ風にアコースティック編成でこの曲やってるんですよ!是非いつかセッションして欲しいなぁ~!!)。 

同じくCSN&Y「ウッドストック」もこの夏、長崎Sky Jamboree'09というライヴイベントのステージで1人で歌われたそう(ちなみにウッドストックが開催された1969年当時、チャボさんは19歳。やはり印象的な出来事だったという話と共に、「加藤登紀子さんの新曲「1968」発売に際してのインタビュー記事が興味深いので」と紹介して下さってました)。

その他、ラヴィン・スプーンフル「デイドリーム」だけは例外的に今年カヴァーしたのではなく、「中学時代に初めて組んだバンドで、当時は内容もよくわからないまま英語でカヴァーしてたんだけど」と選曲(成程、カヴァーセンスはその頃から抜群だったという訳だ!)。曲をかける前に「とってもいい歌詞だからみんなに紹介したいんだ」と、訳詞リーディングも披露して下さったので、ただでさえグッドタイミーで素敵な曲が尚更ほんわか心地よく感じました(これぞラジオ・マジック)。

あと、6曲目ポーグス「フィエスタ」梅津和時さんの新宿PIT INNライヴで一緒に演奏されたんだとか(これまたゴキゲンな選曲ですね!)。最後エンディングは「B.B.キング、頼むぜ~!」という締めの言葉で「Everyday I Have The Blues」。いかにもチャボさんらしいカッコイイ決め方ですね(^^)。

尚、どうやら来月の放送はクリスマス・ソング特集を考えておられるみたいです♪



関連記事
スポンサーサイト

| Chabo-DNA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/855-3ef9fe2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT