Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「レコスケ・レディオショウ」#15

ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(DVD付)ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!
<40周年記念デラックス・
エディション>(DVD付)

(2009/12/16)
ザ・ローリング・ストーンズ



「レコスケ・レディオショウ」#15
DJ:本秀康
(2009/11/27)


01:Helter Skelter /Paul McCartney
 『Good Evening New York City』

02:メモリーズ・カスタム /スピッツ
 『JAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム
  at さいたまスーパーアリーナ』


03:流星ボーイ / Berryz工房
 『私の未来のだんな様/流星ボーイ』

04:Street Fighting Man /The Rolling Stones
 『Get Yer Ya-Ya's Out』


http://recosuke.i-radio.fm/


遅ればせながら「レコスケ・レディオショウ」#15 のエアプレイ・リスト(番組サイトでは過去放送分が蓄積されませんし、残しておくと後々便利なので、引き続き個人的にアーカイブさせて頂きます)。今回はポールの最新ライヴ盤『Good Evening New York City』の発売を受けてライヴ盤特集。確かに本画伯がおっしゃるように、CD不況の影響もあるのか、ここに来てまたパッケージ盤の販売形態が変わりつつあるようですね。でも基本的に僕も映像への執着が薄い音盤愛好家なので、DVDソフトとの抱き合わせ商法は正直あまり嬉しくはないです(とくに国内盤は価格設定が輸入盤よりもだいぶお高いので、尚更買う気がしません・苦笑。ホントCDだけでいいです)。

とはいえ、ビニール・ジャンキーのはしくれとしてはストーンズ『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』40周年デラックス再発CD+DVDの国内盤よりもアナログ盤が3枚付く米盤BOXセットに心惹かれるものがあるものの、ただもう再発リイシュー盤の買い直しの繰り返しにはホトホト疲れ果てたので、いくら傑作ライヴ盤『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』といえど流石に手が出ず(^^;)。ボートラリマスター紙ジャケデラックス・エディションレガシー・エディションも最初は有難かったですけど、だからと言って何でもかんでもデラックスやレガシー・エディションにしてしまうのもどうかと・・・(やはり安田謙一さんがおっしゃってたように結局は通常盤が一番いいのかも)。

午前8時の脱走計画午前8時の脱走計画
(1999/06/23)
Cymbals


ところで『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』といえば、シンバルズ「午前8時の脱走計画」のジャケで見事にパロッてましたよね!CDジャーナルムック『レコジャケ ジャンキー !』にもしっかり載ってましたが、このセンス、この遊び心、大好きです(^^)。

 610_meisaku2.jpg

あとジャケで忘れちゃいけないのが(番組内でもお話のあった)本画伯によるスピッツ「メモリーズ / 放浪カモメはどこまでも」。曲もカッコイイですけど、スピッツ星人も最高!(ご覧の通り、『本秀康名作劇場』 にもリクエストしてスピッツ星人を描いて頂きました♪)。


関連記事
スポンサーサイト

| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/862-ddff31bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT