Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#20

エキゾティカエキゾティカ
(2005/08/25)
マーティン・デニー



#20:2010年01月19日放送

OP:Wheels  峠の幌馬車 1961年3位/R&B19位
 [ Richard Stephens/J. Torres ]
 /ストリング・ア・ロングス The String-A-Longs

01:Wonderland By Night 星空のブルース 1961年1位/1960年R&B5位
 [ Helmut Bruesewitz/Klaus Günter Neumann ]
 /ベルト・ケンプフェルト Bert Kaempfert And His Orchestra

02:Washington Square ワシントン広場の夜は更けて
 [ Bob Goldstein/David Shire ] 1963年2位/AC1位/R&B22位
 /ヴィレッジ・ストンパーズ The Village Stompers

03:Slaughter On Tenth Avenue 10番街の殺人 1965年
 [ Richard Rodgers ]
 /ザ・ベンチャーズ  The Ventures

04:A Taste Of Honey 蜜の味 1965年7位
 [ Ric Marlow/Bobby Scott ]
 /ハープ・アルバートとティファナ・ブラス  Herb Alpert's Tijuana Brass

05:Tequila Twist テキーラ・ツイスト 1962年99位
 [ Chuck Rio ]
 /チャンプス The Champs

06:Il Silenzio 夜空のトランペット  1964年
 /ニニ・ロッソ Nini Rosso

07:Percolator (Twist) パーコレーター  1962年10位
 [ Bideau/Freeman ]
 /ビリー・ジョー&チェックメイツ Billy Joe & The Checkmates

08:Red River Rock レッド・リバー・ロック 1959年5位/R&B5位
 [ Tom King/Lonnie Mack/Fred Mendelsohn ]
 /ジョニー&ザ・ハリケーンズ  Johnny & The Hurricanes

09:Quiet Village クワイエット・ヴィレッジ 1959年4位/R&B11位
 [ Les Baxter ]
 /マーティン・デニー Martin Denny

10:Moonlight Serenade ムーンライト・セレナーデ 1939年
 [ Glenn Miller/Mitchell Parish ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller And His Orchestra

11:Sail Along Silvery Moon 浪路はるかに 1958年5位
 [ Harry Tobias/Percy Wenrich ]
 /ビリー・ヴォーン楽団 Billy Vaughn & His Orchestra


以上、いつものように「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第20回放送をおさらいすべく、エアプレイ・リストにソングライターやチャート&年代、邦題なども書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

ご覧の通り、今回は「インスト特集」。正直言って僕、30代前半くらいまでは所謂イージーリスニング系の音楽にはあまり興味なかったんですが、でも年齢を重ねるにつれ(今やすっかり失われつつある)そのふくよかで優しいサウンド流麗なメロディの魅力がだんだんわかるようになって来て、とくに最近やけに耳心地よく感じてたところだったので、個人的に今回の特集は最高に素敵なタイミングで嬉しい限り(僕が高校生くらいの頃は軽音楽を紹介する番組もまだいくつかあったのに、残念ながら近頃ラジオでもなかなか耳に出来なくなってるだけに尚更です)。

そう言えばベルト・ケンプフェルトハンブルク時代のビートルズがバックを務めたトニー・シェリダン「マイ・ボニー」プロデュースを手掛けた人物でもありましたよね!(亀渕さんの的確な解説を聞いて「ああ、そうだった!」と思い出しました。エルヴィスが歌った「スパニッシュ・アイズ」の作者でもありますし、やはりロックンロール・ファンにも無視出来ない存在かもなと、あらためて痛感)。ハープ・アルバート「蜜の味」ビートルズは勿論ベンチャーズもレパートリーにしてたので、いつのまにか憶えてたパターンの曲(でもまぁイージーリスニングって、大体そうですけども・苦笑)。
YMOファンにはお馴染みのマーティン・デニーはホントいつ聴いても新鮮ですけど、ただ今回、僕が一番グッと来たのはビリー・ジョー&チェックメイツ「パーコレーター」でした(こうゆうのもっとラジオで聴きたい!)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕も若い頃はイージーリスニングが苦手だったんですが、
いつからか聴けるようになりました(笑)
(小西康陽さんがDJを務めた「サバービアーズ・パーティー」頃かなぁ?)

ハープ・アルバートとティファナ・ブラスは、ロジャー・ニコルズにハマっていた時にセットで良く聴いていました。ロジャー・ニコルズは、健太さんのおかげ(?笑)で、ロジャニコ現象と呼ばれる前から知る事ができましたね。

ムーンライト・セレナーデと言うと、インストではないですがMFQのバージョンを思い出します。渋谷クアトロでのライブに行ったのですが、とてもいいライブでした。当時、まだ若造でちょっと場違いな感じでしたが(笑)。
その時のライブ盤が発売されていますが、ちょうど僕が行った日に収録されたもので、宝物のCDになっています。




| にゃん☆たん | 2010/01/23 11:35 | URL | ≫ EDIT

●にゃん☆たんさん
コメント有難うございます!
&お返事遅くなってスイマセン(汗)。

そう言えば僕も小西さんや小山田くんのおかげもあって
ロジャニコやバカラック共々、イージーリスニングやサントラ、
にすんなり入っていけたような気がしないでもないです(^^;)。

ロジャニコは健太さんも小西さんもブームなる前にライナー
書いておられましたよね。

それよりにゃん☆たんさん、あのMFQのライヴ生でご覧に
なってるんですか!いいなぁ~、羨ましいです(^^)。

| ヤッチンロック。 | 2010/01/26 20:40 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/884-4470543e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT