Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#23

40th Anniversary Collection40th Anniversary Collection
(2003/06/02)
The Searchers



#23:2010年03月02日放送

01)I Go To Pieces アイ・ゴー・トゥ・ピーシズ 1965年9位
 [ Del Shannon ]
 /ピーター&ゴードン Peter And Gordon

02)Don't Let Me Be Misunderstood 悲しき願い 1965年15位
 [ Bennie Benjamin/Gloria Caldwell/Sol Marcus ]
 /アニマルズ  The Animals

03)Just One Look ジャスト・ワン・ルック 1964年98位
 [ Gregory Carrol/Doris Payne ] 
 /ホリーズ  The Hollies

04)All Day and All of the Night オール・オブ・ザ・ナイト 1964年7位/UK2位
 [ Ray Davies ]
 /キンクス Kinks

05)Love Potion Number Nine 恋の特効薬/ラヴ・ポーション No. 9  1965年3位
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
 /サーチャーズ The Searchers

06)Do Wah Diddy Diddy ドゥ・ワ・ディディ・ディディ 1986年1位
 [ Jeff Barry/Ellie Greenwich ]
 / マンフレッド・マン  Manfred Mann

07)Because ビコーズ  1964年3位
 [ Dave Clark ]
 /デイヴ・クラーク・ファイヴ The Dave Clark Five

08) Little Children リトル・チルドレン  1964年
 [ J. Leslie McFarland/Mort Shuman ]
 /ビリー・J・クレーマー&ダコタス
 Billy J. Kramer With The Dakotas

09)Hippy Hippy Shake ヒッピー・ヒッピー・シェイク 1964年24位
 [ Chan Romero ]
 /スウィンギング・ブルー・ジーンズ  The Swinging Blue Jeans

10)Go Now! ゴー・ナウ  1965年10位/1964年UK1位
 [ Larry Banks/Milton Bennett ] 
 /ムーディ・ブルース The Moody Blues

11) I'm Henry The Eighth I Am ヘンリー8世君 1965年1位
 [ Fred Murray/R.P. Weston ]
 /ハーマンズ・ハーミッツ  Herman's Hermits

12)Here Comes The Night ヒア・カムズ・ザ・ナイト 1964年25位
 [ Bert Berns ]
 /ゼム  Them


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第23回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

雛祭り前夜の放送だから、もしかしたらガール・シンガー特集だったりしないかなと秘かに期待したりもしてたんですけど、始まったのは「ドーナツ盤で聴く、ティッシュ片手にブリティッシュ・ビート」特集(笑)。でもこれが7インチ盤AMラジオ効果も加わってか、やけにゴキゲンで、確かに涙チョチョ切れまくり!ちなみに僕、亀渕さんの番組はこのナショナル製の古いモノラル・ラジカセで拝聴させて頂いてるんですが(何でも、宮治淳一さんも最近、亀渕さんのラジオ番組録音用に小型モノラル・ラジカセを購入されたようですね。これ、うちの近所の家電量販店でも1980円で売られてました)、お馴染みの楽曲も普段ステレオでCDを聴いてる時以上に迫力があって、また格別の味わい(とくに息の合ったホリーズのコーラスワークやボビー・エリオットによるドラムの音が気持ちいいこと!あとムーディ・ブルース「ゴー・ナウ」も何だか新鮮に響いて、今更ながらグッと来ました)。

とはいえ、勿論それは単にアナログ盤AMラジオモノラル・ラジカセ効果によるものだけでなく、亀渕さんの選曲愉快痛快なDJの妙があってこそ!(アニマルズ「悲しき願い」をかける前に、わざわざ「誰のせいでも ありゃしない~♪」尾藤イサオさんによる日本語カヴァー・ヴァージョンの一節を流してみたりと、相変わらず芸が細かいったらありゃしない・苦笑)。今回はかなり直球系の選曲ではあったものの、東郷かおる子さんDJによる「DAYBREAK」(木)2月18日深夜放送ブリティッシュ・インベンジョン特集ではかからなかったサーチャーズ「ラヴ・ポーション No. 9」が聴けたことも嬉しかったです(それにしてもこの曲、シンプルながらまったく無駄のない見事な楽曲構成で、本当に良く出来てますよね!)。

その他、ビートルズストーンズはかけられなかった代わりに、オープニング「抱きしめたい」、そしてエンディング「As Tears Go By」のインスト・カヴァー・ヴァージョンを配置する辺りもさり気なくて心憎い演出。番組終了間際、亀渕さんも「またこの特集の続編やろうかな」とおっしゃってましたけど、ハニーカムズロッキンベリーズレモ・フォーザ・フォーモスト等々、まだまだかけて頂きたいバンドも沢山あるので、是非続編やって欲しいです!(亀渕さん、お願いします!!)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/909-64e80ee2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT