Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#24

エルヴィス75~グレイテスト・ヒット75エルヴィス75
~グレイテスト・ヒット75

(2010/01/06)
エルヴィス・プレスリー



#24:2010年03月16日放送

OP:Heartbreak Hotel ハートブレイク・ホテル 1956年1位/C&W1位/R&B3位
 [ Mae Boren Axton/Tommy Durden/Elvis Presley ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

01)Surrender サレンダー  1961年1位
 [ Ernest De Curtis/Doc Pomus/Mort Schuman ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

02)Are You Sincere 君のまごころ  1973年
 [ Wayne Walker ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

03) I Really Don't Want To Know 知りたくないの
 [ Don Robertson / Howard Barnes ] 1971年21位/AC2位/C&W23位
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

04) Love Letters ラヴ・レター  1966年19位
 [ Edward Heyman/Victor Young ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

05) The Elvis Medley -Jailhouse Rock~Teddy Bear~Hound Dog
 ~Don't Be Cruel~Burning Love~Suspicious Mind
 エルヴィス・メドレー  1984年
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

06)One Night Of Sin ワン・ナイト・オブ・シン  1957年
 [ Dave Bartholomew/Pearl King ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

07) Crying In The Chapel クライング・イン・ザ・チャペル
 涙のチャペル 
  [ Artie Glenn ] 1967年
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

08) Unchained Melody アンチェインド・メロディ (Live)
  [ Alex North/Hy Zaret ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

09) Are You Lonesome Tonight? (Laughing) 今夜はひとりかい? (Live)
 [ Lou Handman/Roy Turk ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
 ※1960年1位/R&B3位

10) My Way マイ・ウェイ
 [ Paul Anka/Claude François/Jacques Revaux/Gilles Thibault ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

ED:Can't Help Falling in Love 好きにならずにいられない 
 [ Luigi Creatore/Hugo Peretti/George David Weiss ]


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第24回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今年度最後の放送は「エルヴィス・プレスリー、愛を歌う」と題して全編エルヴィス特集萩原健太さんや木崎義二さんの番組があった頃はしょっちゅうエルヴィスかけて下さってたのに、今年は生誕75周年にも関わらず、1月に「DAYBREAK」木曜日湯川れい子先生によるエルヴィス大特集があったきり、あまりラジオで耳にする機会がなかっただけに有難い限り。そう言えば僕がNHKラジオ第1でエルヴィスの特集を聴くのは、2007年2月13日(火)に放送されたふれあいラジオパーティー「エルヴィスを語ろう」以来(DJは赤坂泰彦さんで、健太さんもゲストで出演されてました)。やっぱりAM音質で聴いてもエルヴィスの歌の上手さが際立ってて、胸が震えます。

何でも、オープニングBGMの「ハートブレイク・ホテル」亀渕さんが子供の頃に初めて購入されたドーナツ盤でかけて下さったようですけど(!)、今回の選曲にも思い入れをたっぷり込めておられたご様子。ただ、ラヴ・バラードばかりで単調にならないようにというご配慮からなのか、中盤にロックンロール・メドレーを配し、後半にライヴ・ヴァージョンのコーナーを設けて下さってましたが、番組の時間も限られているので、個人的にはそのままバラード系のラヴ・ソングで押し切って、セイクレッド・ソングとかもっとかけて欲しかったなという気がしないでもなく(^^;)。あと、ビートルズ特集の時にも似たようなこと書きましたけど、どちらかというとこの番組では亀渕さんならではのセンスが良くて幅広い選曲の妙をたっぷり味わいたい派なので、たまにはワン・アーティストの特集もいいとしても、基本的には先週のブリティッシュ・ビート特集「古くても素敵な歌特集」とか、或いは「女性シンガー特集」のような、もうちょっと大きな括りでの放送を期待したいところ。とにかく、来年度も愉快で元気でロケンロールな放送をガンガン届けて頂きたいものです。

ちなみに、アンディ・ウィリアムスによる「Are You Sincere」のヒット・ヴァージョンの邦題は「本気なのかい」(1958年11位)。「ラヴ・レター」昨年8月11日放送でもかかってますが、今回オンエアされたのはストリングスを従え再録されたヴァージョン。「今夜はひとりかい?」は途中でエルヴィスが笑い出して笑いが止まらなくなるライヴ・ヴァージョン(これは1969年のでしたっけ?)。「アンチェインド・メロディ」ラストコンサートの最後に歌った曲として知られてますが、エルヴィス最期の夜も寝る前にピアノを弾きながらこの曲を歌ったとの話ですから、さぞや彼にとって特別な1曲だったんでしょうね・・・。それから、「サレンダー」萩原健太さんと鈴木慶一さんによるNHK-FMロック生誕50年記念特番「ビバ!エルヴィス」(2004年10月2日放送)で、鈴木慶一さんが一番好きなエルヴィスの曲と紹介しておられました。



【追記】webマガジン e-days(イーデイズ)「カメカメポップス!」、ひとまず終了するみたいですね。

 http://e-days.cc/music/column/kamebuchi/backnumber.php



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/917-66ce40fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT