Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪とバラネギ、寒ロック

ノー・ターニング・アラウンドノー・ターニング・アラウンド
(2001/10/24)
エディー・モトウ



今更ながらですが(汗)、2月6日(土)の行動記録シリーズ、
「塗コミック派展トークイベント&ライヴペインティング」続き【Part 7】完結編

8:45 PM Feb 6th movatwitterから
トランスポップさん&川崎タカオさんのトークイベント終わって市バスなう。
サイン会最後まで居残りたかったんですけど、帰りがヤバいので失礼させて頂きましたm(_ _)m。


baranegi

9:14 PM Feb 6th
第一旭ラーメンバラネギなう。

daiichiasahi

9:47 PM Feb 6th
帰りの電車に駆け込み乗車なう。ラーメン、パスしよか思ったけど寒さと空腹には勝てず(^-^;)。、更にガンガン!?電車降りてからの路面状況が気になります(汗)。

10:07 PM Feb 6th
草津駅通過。草津でも駐車場の車が雪だるまなっててビッ栗!?

mon

12:30 AM Feb 7th
うちの門柱

1:21 AM Feb 7th webから
いつもより時間かかったけど、スタッドレス装着&フルタイム4WDなオトンが迎えに来てくれて無事帰宅出来ました(父ちゃん、すまねぇ!)。携帯からはメール書き逃げだったのでノー・リプライで申し訳ないです(汗)。ライヴ&トークイベントの詳細はまた後日(でも書けない話が多いな・笑)。


以上、Twitterより当日のリアルタイム実況中継を抜粋。
結局この冬、地元でドカッと雪が降り積もったのはこの日だけでした(^^;)。

eddie

ちなみに、今シーズン僕が一番よく聴いた寒ロックは当サイト初期の名物コーナーだったヴィレッジ・ヴォイスの「冬の歌」アンケート企画にも登場したエディー・モトウ『ノー・ターニング・アラウンド』萩原健太さん監修によるMUSIC MAGAZINE増刊CD BEST100シリーズ『ウッドストック・サウンド』P121で取り上げられていましたが、リニューアルされた最新の『レコード・コレクターズ』2010年05月号では「リイシューCDの25年」特集におけるサブ・ジャンル別「ロック」代表リイシュー60選「米シンガー・ソングライター」部門(P71)で遠藤哲夫さんが選出されてましたね。雪景色の中を歩く親子の後姿が、僕には小学1年の夏の日、片道2キロの道のりを歩いて、忘れ物の水泳パンツを教室の窓のところまで届けに来てくれた祖母と当時3歳の弟が手を繋いで帰って行く後姿と重なって、このジャケット見ただけで泣きそうになるんですが、収録曲もジャケット同様、温もりがあって美しくて、いつ聴いても心が安らぐ名盤です(エディー本人の文によると、このレコーディング・セッションで初めてジョン・レノンと出会い、どうやらそれが縁で『心の壁、愛の橋』『ロックン・ロール』への参加に繋がったようですね)。

ところで『レコード・コレクターズ』2010年05月号「リイシューCDの25年」特集といえば、川崎タカオさんによるトビライラストの素晴らしいこと!(生で丹念な塗り込み作業の一端を垣間見てるだけに尚更これは凄いぞと思わずにいられません。この塗り込みもある意味、職人芸!!)。何でも、4月19日付けの川崎タカオさんのブログ『渋く滑稽に』によると、このリイシューCD職人のおっさんには「紙鮭巧(かみじゃけ・たくみ)」という名前も付けられてるそうですけど(笑)、まさしく渋くて滑稽で、いい味出まくってる愛すべきキャラなので、是非とも今後キャラ展開して頂きたいものです(^^)。



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/918-1d4d2314

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT