Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#25

Carnival of Sound
(2010/03/15)
Jan & Dean
ライノ・ハンドメイド

#25:2010年03月30日放送

OP:Karelia 霧のカレリア 1965年 
 [ C.Kaparow ]
 / スプートニクス The Spotnicks

01)Old Black Joe オールド・ブラック・ジョー  1970年
 [ Stephen Foster ]
 /ジェリー・リー・ルイス Jerry Lee Lewis

02)Island In The Sun 日の当る島 1957年30位
 [ Harry Belafonte/Lord Burgess ]
 /ハリー・ベラフォンテ Harry Belafonte

03) Blue Canary 青いカナリア  1953年
 [ Bob Fiorino ]
 /ダイナ・ショア Dinah Shore

04) Rhythm Of The Rain 悲しき雨音 1990年
 [ John Gummoe ]
 /ジェイソン・ドノヴァン Jason Donovan
 ※カスケーズ(1963年3位/AC1位)

05) The River Of No Return 帰らざる河 1956年
 [ Ken Darby/Lionel Newman ]
 /マリリン・モンロー Marilyn Monroe

06) San Antonio Rose サンアントニオ・ローズ
 [ Bob Wills ]
 /クリント・イーストウッド Clint Eastwood

07)River Deep Mountain High
 リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ  1966年88位
 [ Jeff Barry/Ellie Greenwich/Phil Spector ]
 /アイク&ティナ・ターナー  Ike & Tina Turner

08) If You Go Away 行かないで  1969年
 [ Jacques Brel/Mort Shuman ]
 /スコット・ウォーカー Scott Walker

09) In The Still Of The Nite
 イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト
 [ Fred Parris ]
 /ジャン&ディーン Jan & Dean with Davy Jones
 ※ファイブ・サテンズ(1956年24位/R&B3位)

ED:Spring Is Nearly Here 春がいっぱい 1962年
 [ Brian Bennett/Bruce Welch ]
 /シャドウズ The Shadows


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第25回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

新年度一発目の放送は「オール・リクエスト」。と言っても、ただ普通にリクエストをかけるだけではなく、「悲しき雨音」はあえてジェイソン・ドノヴァンのカヴァー・ヴァージョンで、それも雷の音だけカスケーズのオリジナル・ヴァージョンをサンプリングして重ねてみせたりと、亀渕さんらしい演出がちらほら(^^)。何より、ドゥー・ワップの超名曲「イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト」ジャン&ディーンが1967年に制作するもお蔵入りとなり、先頃ようやくライノ・ハンドメイドから限定リリースされた幻のアルバム『Carnival of Sound』に収録されていたカヴァー・ヴァージョンでかけて下さったのには感謝感激(この曲は1990年に日本のワーナーからリリースされたコンピレーションCD『ヒストリー・オブ・アメリカン・ポップス Vol.2』にも収録されてましたけど、僕も大好きです!!)。

実はこの日、(このところPCの画面とにらめっこする時間が長かったせいか)眼精疲労が激しかった為、濡らしたタオルハンカチを目の上に乗せ、ソファーに寝っ転がって番組を拝聴してたたんですが、何かと眼を酷使することの多い現代社会において、「アイズ・フリー・メディア」としてのラジオの魅力を身をもって痛感しました。昨年も当ブログ3月28日付け「ラジオの時代」にて「ラジオは力を過小評価しすぎです。メディアは人を幸せにする公器だと言った人がいますけど、その姿勢を最も崩してなかったのがラジオですよね。淡々と人々の暮らしに寄り添って来た強みを今こそ生かす時です」というご発言を朝日新聞から引用させて頂きましたけど、今こそラジオは見直されるべき存在なのに、まだまだ大きな可能性を秘めたメディアなのに、「予算削減」が目的としか思えないラジオ各局の改編(いや改悪)により、4月を前にリスナーに愛された番組が沢山姿を消してしまい、本当に淋しく、やるせない限りです(「DAYBREAK」も終わっちゃいましたね・・・)。そんな中、相変わらず隔週の放送とはいえ、生き残った「いくつになってもロケンロール!」には益々元気でロケンロールな放送を期待せずにはいられません(亀渕さん、今シーズンもどうぞよろしゅうお頼申します♪)。

その他、番組中盤(6曲目と7曲目の間)の番組HP紹介BGM「Perfidia(パーフィディア)」だったんですけど、これもシャドウズ のヴァージョンでしたっけ?少なくともベンチャーズのヴァージョンではなかった、ということだけ、付け加えておきます(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/923-397c495a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT