Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

田植え2010パート2

taue2010


7:58 AM May from 6th movatwitter
今日も田植えなう!

taue2010

8:56 AM May 6th from movatwitter
本日の田植えパート2は縦長の田んぼ2つ。
があって昨日ほど暑くないものの、が出て田んぼの中が見難いです(^o^;)。

taue2010

15:42 PM May 6th from movatwitter
田植えパート2、終わったー!
風はあってもやっぱし今日も暑かったー(汗)。
もう1ミリたりとも動きたくない気分(笑)。
一応、明日も引き続きパート3の予定なんですけど、
天気予報が良くないみたいなのでちょっと気掛かり…。



以上、またもやTwitterより5月6日(木)実況生中継を抜粋。
汗と泥にまみれる日々はもう暫く続くのでありました(^^;)。

ハリウッド・タウン・ホール~聖林公会堂ハリウッド・タウン・ホール
~聖林公会堂

(2002/07/21)
ザ・ジェイホークス



では最後に、【田植え2010パート2のサウンド・トラック】ジェイホークスのメジャー・デビュー作『ハリウッド・タウン・ホール~聖林公会堂』(1992年)。僕が好きなアルバムにはベンモント・テンチニッキー・ホプキンスが参加してるものが多いんですが、両者が揃って客演してる本作もやはり僕の愛聴盤(ベンモント・テンチは味わいのあるハモンドで、ニッキ―・ホプキンスは流麗なピアノで好サポート!)。ちょっぴり寒そうなジャケット写真とは裏腹に、メロディアスで気持ちの良いカントリー・ロック・サウンドは田植えシーズンや新緑の季節にピッタリ(実はみどりの日にも『トゥモロー・ザ・グリーン・グラス』を聴いてました・笑)。

そう言えば旧ブログ(2006年5月9日)『トゥモロー・ザ・グリーン・グラス』を取り上げた際、僕は彼らが紡ぎ出すメロディやサウンドの「質感」に大きな魅力を感じてると書いてましたけど、勿論それはこのアルバムについても同じこと。どちらもアーシーな音作りを得意とするジョージ・ドラクリアスがプロデュースを手掛けているということもあるにせよ、マークゲイリーによる甘く切なくほろ苦いツイン・ヴォーカルや美しいハーモニー、ラウドに鳴り響くギターの音色等々、ホント格好良くて素敵なんですから!

ところでジェイホークスといえば、ファンの間で"Bunkhouse Album"と呼ばれてる25年前に2千枚しかプレスされなかった幻のデビュー作『Jayhawks (AKA the Bunkhouse Album』)が5月18日に復刻&初CD化されますね!Lost Highway Records.comでちらっと試聴してみたら、これがまためちゃめちゃ良さそうなので、今から楽しみで仕方ないです!!

 http://www.thejayhawks.net/

関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/937-134205f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT