Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ちょっと待って下さい」

neversaygoodbye

6月に入ってしまいましたが、「2010年5月の収穫:LPレコード編」
に続きまして、「2010年5月の収穫:ドーナツ盤編」

まずこのリンダ・グリーン「ちょっと待って下さい」
ネットオークションだと3800円とか7800円で出品されてるみたいなのに、

「中古シングル盤5枚で180円コーナー」で発見して、

これだけでもすんごい得した気分(実質1枚36円・笑)。
おかげで昨日今日と鼻唄はもっぱらこの曲です(^^;)。
ちなみにA面が日本語ヴァージョンでB面が英語歌唱ヴァージョンでした。

beatboys

以下もすべて「中古EP5枚で180円コーナー」からで、続きましてはアルフィー覆面グループBEAT BOYS(ビート・ボーイズ)吉田拓郎さんのヒット曲をスターズ・オン風にメドレーでカヴァーしてる「スターズ・オン23」(1981年)。正直僕はアルフィーのファンという訳ではないんですけど(汗)、坂崎さんは好きで芸の細かいパロジャケにも心惹かれるものがあり購入(これも相場だと大体千円くらいはするんじゃないでしょうか?)。拓郎さんになりきったかのような(笑)坂崎さんの歌いっぷりも秀逸で、最後はボブ・ディラン「風に吹かれて」で終わるというオチも絶妙(苦笑)。尚ジャケットの裏にはメンバーのプロフィールが「じょんのれん<ギター、ヴォーカル>」「ポール・マッカーサー<ギター、ヴォーカル>」「祥寺張扇(じょーじはりせん)<ベース、ヴォーカル>」と記載されてました。いろんな意味で楽しいレコードです(^^)。

cafecream

更にもういっちょパロジャケメドレーもので、カフェ・クリーム「ビートルズな~んちゃって!?」(1977年)。同じようなデザインのアルバム・ジャケがCDジャーナルムック 『レコジャケ ジャンキー !』P18などでも紹介されてましたが、常々僕もこのドーナツ盤欲しいなと思ってたんですよ!それがまさか今になってこの値段で巡り合えちゃうとは(笑)。勿論、中身はフランスのバンドによるビートルズ・ナンバーのメドレー。アルバムには「スロー編」「ディスコ編」「ロック編」と3編のビートルズ・メドレーが収録されてましたけども、シングル・カットされたのはディスコ・ヴァージョン。まるっきり色モノ扱いのジャケとは裏腹に、A面に15曲、B面に19曲の全34曲が矢継ぎ早に飛び出すメドレーはコラージュ的な手法が洒落ていて、思いのほかキャッチーでグルーヴィー。なかなかゴキゲンです。

beachdriver

お次は須藤薫さんの「恋のビーチ・ドライバー」(1981年)。言う迄もなく購入した理由はB面「悲しみのジューク・ハウス」共々、杉真理さんの作品だから!(編曲はいずれも松任谷正隆さん)。

haradashinji

あとは、やはり先週、NHKで松本隆さんの特番見た余韻も手伝ってか原田真二さんの「てぃーんずぶるーす」(これも大好きな曲で前からシングルも欲しかったので、丁度いいタイミングだったかも)。とりあえずこれで5枚ですけど、実は全部でドーナツ盤10枚買いました(苦笑)。

radiostar

いちいち書いてると長くなりますし、これといった目玉もないので残りは省略しますが、他にはCDしか持ってなかったバグルズ「ラジオスターの悲劇」とか、テクノポップ歌謡とかアニソンとか諸々(^^;)。「ラジオスターの悲劇」の解説は今泉恵子さんで、山本安見さんによる訳詞も掲載されてました。

ブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブ
(2010/03/17)
ブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブ


そう言えば僕が上柴とおる親方の番組にブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブのヴァージョンで「ラジオ・スターの悲劇」をリクエストさせて頂いたのは今年の1月末だったのに、もっとずっと前の出来事だったような気がします(上柴親方の番組が終了して以降、FM-COCOLOは一秒たりとも聴いてません・・・)。



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/950-c6722074

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT