Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Forever / The Passports

The Emitt Rhodes Recordings 1969-1973The Emitt Rhodes Recordings 1969-1973
(2009/07/14)
Emitt Rhodes


My Spaceに登録したのは、確か3年くらい前。といっても、ただアカウントを作っただけで、長いこと放置してたんですが(汗)、でも、気を取り直して昨年の秋くらいから少しずつ開拓し始めたところ、思いがけない展開が待っていました。きっと、僕のフレンドリストから音楽の趣向性を見てアプローチして下さったんでしょうけど、何とEmitt Rhodes and The Emitt Rhodes BandJeb Loy Nicholsといった憧れのミュージシャンからフレンドリクエストを頂戴したんです!更にVan Durenご本人からは僕のマイスぺにコメントを書き込んで頂けて、これまた大感激!?本当にファン冥利に尽きるというか、こんなに光栄なことはありません。それに何より、Twitter同様、アーティストに気軽にメッセージを送ることも可能なら、アーティスト・サイドから直接タイムラグなく最新の活動情報を届けて貰えるので大変有難い限りです(もしエミット・ローズとマイスペースで繋がってなかったら、彼が3月にリチャード・トンプソンを迎えてレコーディングしたことや、彼のドキュメンタリー映画『The One Man Beatles』が昨年イタリアで大絶賛を受けたことなど、僕が時差なく知る術はなかったでしょう。この映画、松永良平さんはアメリカでご覧になられたようですが、日本で観ることは出来ないのでしょうか?)。

passportsIs It True
(2009)
The Passports



ちなみに、マイスペースでフレンドリクエストを頂くのは、必ずしも有名なアーティストばかりではありません。むしろ(プロアマ問わず)国内外の見ず知らずのミュージシャンから申請を頂戴することの方が多いんですが、それがまたMy Spaceの面白いところで、未知なる音楽との出逢いはとっても刺激的で魅力的。中でもフレンドリクエストを貰って嬉しかったのが、このThe Passportsというアメリカ西海岸のバンド。まずアートワークのセンスの良さに好感を抱き、軽い気持ちで試聴してみたら、ビーチ・ボーイズを彷彿とさせる爽やかで美しいハーモニードリーミーでキャッチーなメロディが完成度高くてビックリ!?それも、同じBB5フォロワーでも当ブログ2008年6月4日付けで取り上げたエクスプローラーズ・クラブとはまたひと味違って、ジェリーフィッシュなんかにも通じるパワーポップ的な要素もあって、益々興奮。勿論、すぐにお友達になりました(^^)。

しかしどうゆう訳か、今年に入って、いつのまにかマイスペースから彼らのアカウント削除されていてガッカリ。加えて、TwitterのアカウントYou TubeにUPされていた動画までもが悉く削除されていて、少なからずショックを受けました(1月には新曲「Dreamin」も発表され、わりと最近まで、アカウントがなくなる直前までイベントの情報とかも届けてくれていたのに・・・)。もしかしたら解散したのではないかと一瞬頭を過ったものの、公式サイトhttp://www.thepassportsmusic.comは消えてませんし、itunescdbabyでの音源配信も途絶えてないので、そうでないことを祈るばかりです。何にしても、彼らのアルバム『Is It True』、今からでも日本独自でCD化出来たりしないものでしょうか?(allmusic.comを見る限り、アメリカでも昨年パッケージ盤が出てるようですが)。その他、last.fmなどでも試聴出来ますので、ご興味のある方、とくにBB5お好きな方は是非チェックしてみて下さい(そして、もし彼らの動向をご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。願いします)。

尚、僕のマイスぺは今も基本放置ながら(苦笑)、いずれは僕が自己満足で録り溜めてる宅録音源なんかもこっそり公開させて頂こうかな、なんて考えたりなんかしちゃってます(^^;)。


関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私のところにも今年はじめあたりにフレリク来まして、メッセージなどは送らないまでも、素敵な音楽性に期待していました。
きっと・・・大丈夫ですよ!
それにしても、最後の3行にお目目まんまる(@_@)です!
待ってますよ~。

| マーセラ | 2010/06/04 20:38 | URL | ≫ EDIT

私も

待ってますよー !
楽しみにしてます。o(^o^)o

| いちおかまり | 2010/06/04 21:36 | URL |

すごいですね

エミット・ローズご本人とつながれるなんてすごいことですね。
3月に録音されたというアルバムはいつごろ出るんでしょうか?
ドキュメンタリー映画も見てみたいです。(初めて彼の音楽を聴いた時はポール・マッカートニーを思い起こさせました。ちょうどポールの初ソロが出た、すぐ後ぐらいだったでしょうか。)
リチャード・トンプソンがどんな立場で関わっていたのかも知りたいところです。
個人的にはサンディ・デニーやシェラ・マクドナルド、イアン・マシューズのソロなどでの寄り添うようなギター演奏が思い出深いですが、色々興味深いところです。

| はつみの夫です | 2010/06/04 22:05 | URL | ≫ EDIT

●マーセラさん
そうでしたか、マーセラさんのところにもフレンドリクエスト
ありましたか。本当に、解散とかじゃなければいいんですけど・・・。

最後の3行については、あくまでも僕が自己満足でやってる
趣味趣味音楽にすぎず、実際全然大したものじゃないので、
くれぐれも期待しないで下さい(笑)。

| ヤッチンロック。 | 2010/06/05 20:25 | URL | ≫ EDIT

●いちおかさん
いや、だからその、それについては
そんな楽しみにして頂く程のものではなく・・・(^^;)。

ちなみに僕、マイスペース上ではトム・ぺティさんや
ウィルベリーズ、マッドクラッチともお友達です(^^)。

| ヤッチンロック。 | 2010/06/05 20:29 | URL | ≫ EDIT

●はつみさんの旦那様
コメント有難うございます!
恐らく、エミット・ローズのMy Spaceは彼本人ではなくて、
関係者が運営してると思うんですが(^^;)、でも、ダイレクト
に最新情報が届くので大変有難いです。

リチャード・トンプソンとレコーディングした楽曲がどうゆう形で
発表されるのか、その辺りのことはまだよくわかりませんが、
My Spaceのブログには共演の証にツーショット写真が公開されて
ました(でも最初見た時、エミットの風貌が若き日の姿とはまるで
別人のようだったので、最初それが彼だとはわかりませんでした)。

僕もやはりギタリストとしてのリチャード・トンプソンは超絶すぎる
あまり、聴いてて何だか気色悪くなる時があるので(?)、元奥様や
サンディ・デニー、イアン・マシューズなどの伴奏してる時の方が
好きかもしれません(^^;)。

エミット・ローズのドキュメンタリー、日本でも是非公開して欲しい
ですね♪

| ヤッチンロック。 | 2010/06/05 20:59 | URL | ≫ EDIT

コメントへの返信ありがとうございます

Fairportの"Time Will Show the Wiser"、エミット・ローズの曲でしたね。YouTubeでみるとイアン・マシューズとジュディ・ダイブルのボーカル。きっとイアン・マシューズが選んだ曲だったんでしょうね?(彼の選曲のセンスはとってもいいですね。)この時代はウェストコースト風でしたが、結構好きです。リチャード・トンプソンのギターも切れ味鋭いながらも、リリカルな風味もあり、こんな風なサポートがエミット・ローズにはふさわしいように思います。RTは天才的な人ですから、当然よくわかっているでしょうが(笑)

| はつみの夫 | 2010/06/06 11:31 | URL | ≫ EDIT

●はつみさんの旦那様
いえいえ、こちらこそ早々と返信頂き恐縮です。有難うございます。

そうですよね、エミット・ローズとRTさんの接点というと、フェアポート
時代にカヴァーしてた「Time Will Show the Wiser」ですよね(成程、
おっしゃる通りイアン・マシューズさんカヴァーの選曲センスいいです
から、彼のチョイスかもしれませんね!)。

どうやら、エミットとのレコーディングでは新曲3曲ほどギター弾いた
みたいなんですけど、「Time Will Show the Wiser」も一緒にやって
たりしたら面白いですね。

> RTは天才的な人ですから、当然よくわかっているでしょうが(笑)

確かにそうですよね(^^)。
実を言いますと僕、リンダさんと息子さんは数年前ライヴを拝見する
機会に恵まれたものの、生憎RTさんはライヴ未体験なので、ソロより
バッキングの方が好きとか勝手なこと言いつつも(^^;)、やはり
一度でいいからあの天才的なギターワークを生で堪能してみたいです。

| ヤッチンロック。 | 2010/06/06 22:08 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/951-f6121787

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT