Sweetheart Of The Radio

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#169

フィアレス-プラチナム・エディション(DVD付)フィアレス
-プラチナム・エディション
(DVD付)

(2010/1/20)
テイラー・スウィフト


『亀渕昭信のお宝POPS』#169
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年03月26日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年03月26日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Cheese And Onions
 チーズ・アンド・オニオン 1977年
 [ Neil Innes ]
 /ラトルズ The Rutles

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ニック・ギルダーの「Hot Child In The City」
(ChrysalisのUS盤シングル・レコード)をプレゼント!


02) Hot Child In The City
 ホット・チャイルド 1978年1位
 [ Nick Gilder / James McCulloch ]
 /ニック・ギルダー Nick Gilder

CM
-リクエスト-
03) Take Me Out
 テイク・ミー・アウト 2004年66位(UK3位)
 [ Alex Kapranos / Nicholas McCarthy ]
 /フランツ・フェルディナンド 
 Franz Ferdinand

-亀渕さんセレクト-
04) Jump Then Fall
 ジャンプ・ゼン・フォール 2009年10位/C&W59位
 [ Taylor Swift ]
 /テイラー・スウィフト Taylor Swift
 ※映画『Valentine's Day(バレンタインデー)』-2010年

-リクエスト-
05) Viens Valser Avec Papa (Come Pretty Little Girl)
 パパと踊ろうよ 1956年
 [ Bertil Ljung / Guy Bertret
 / Jacques Ledrain / Vendla Lorentzon Shepard ]

 /アンドレ・クラヴォー Andre Claveau

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第169回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けマイク・チャップマンがプロデュースを手掛けたニック・ギルダー「ホット・チャイルド」。どうやら今ではCDすら入手し難い状況のようですから(シングル・ヴァージョン配信以外では入手困難?)、お探しの方には願ってもない放出。それにしても、フランツ・フェルディナンドって僕の中ではまだ「新人」で「テイク・ミー・アウト」も「つい最近」くらいの感覚だったんですけど、もう13年前になるんですね(いつの間に!?)。テイラー・スウィフトにしても、カントリー時代の方がしっくり来るので、ああ、自分はもう若くないんだなぁと年齢を感じてしまいます(^^;)。

そう言えばアンドレ・クラヴォー「パパと踊ろうよ」大瀧詠一さんからのリクエストもかかってた『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』の第1回放送(2009年4月07日)でも紹介して下さってましたっけ・・・。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・2017年4月のコロコロ。

稲作準備稲作準備

2017年04月16日(日)

今日も汗とガッツで田植えの準備。
昨日より更に暑かった(^^;)。


稲作準備稲作準備

本日のスニーカー。
黄色いたんぽぽだけじゃなくて
白いのも咲いてました。

#稲作



JAZZ

2017年04月17日(月)

大阪や京都にライヴや
レコード買いに行った時に頂戴してる
ジャズの月刊フリー冊子『WAY OUT WEST』
8周年の無料送付キャンペーン申し込んだら
最新号に加えバックナンバーも
沢山同封して下さってて感謝感激。
お陰で入手しそびれてた号の
記事を読めるのが嬉しいです。




コロコロ旅。コロコロ旅。

2017年04月22日(土)

晴れた空カントリーデイ、
今日は農道から林道、帰りにダム湖で休憩コース。
近隣の田んぼは徐々に水張りモード。
うちもぼちぼち。
レコードはレコードストアデイじゃない時に
買いに行きます。

#ひとり”こころ旅”

フィンガー5フィンガー5

ヤッチンも歌ってる「気になる女の子」や
「ベンのテーマ」の日本語カヴァーも入ってる
フィンガー5の『個人授業』
ボロジャケでしたが盤はキレイだったので先日入手
(CDしか持ってなかったんです)。
ジャクソン5の日本語カヴァーもゴキゲン。
ビバ昭和!

#収穫



稲作準備稲作準備

2017年04月23日(日)

絶好の行楽日和、
「今日は遊びに」と言いたいところでしたが、
やはりそうゆう訳にも行かないので
ガッツリ田植えの準備。
マッチ&まりやさん対談には何とか
間に合ったんですが、
達郎さんや片寄さんのラジオは
あとで録音聴きます。

#稲作



飛び出し坊や

2017年04月25日(火)

東近江のチャーミングな飛び出しおばあちゃん。
このおばあちゃんは初めて見ました。
オールド・ルーキーでしょうか。

#飛び出し坊や

飛び出し坊や飛び出し坊や

お馬さんに乗ってる飛び出し坊やにも
久々に再会(飛び出し額田王?)。
この地区には何体かいたのに、
この1体しか確認出来ませんでした。

#飛び出し坊や



ピート・ハム

2017年04月27日(木)

今回はポール御縁がなかったので、
やはり今宵はピート・ハムに思いを寄せて。
「It Doesn't Really Matter」
「Live Love All Of Your Days」の完成形、
聴いてみたかったなぁ・・・。

#バッドフィンガー



Tulip - Pete Ham demo 1968
- The Iveys / Badfinger
これも完成形聴いてみたかったなぁ・・・。





道の駅 栗東

2017年04月28日(金)

道の駅「アグリの郷栗東」の顔ハメ看板、
2012年にもハメたんですが、
新しいのに世代交代してました
(新幹線が0系からドクターイエローに!)。

#顔ハメ

道の駅道の駅

”日本で唯一、新幹線ビューの道の駅”
を売りにしてる「アグリの郷栗東」、
来週NHK『探検バクモン』のスペシャル
「新幹線&ドクターイエロー祭り」でも
紹介されるらしいです。

http://www4.nhk.or.jp/bakumon/x/2017-05-03/21/31537/2945144/
#Train



テクニクステクニクス

2017年04月29日(土)

ユニクロの「一部店舗でのみの、お取り扱い」
となってるテクニクスの「SL-1200」Tシャツ
パイセンが大阪の旗艦店で買っといてくれました(感謝!)。
コータローさんも愛用されてるSL-1200、
うちは初代モデルがバリバリ現役です。
ビバ昭和!

#Tシャツ


コロコロ旅。コロコロ旅。

2017年04月30日(土)

晴れた空カントリーデイ、
田植えの準備もひと区切りで
午後から軽く小石けとばしサンデー。
ダム湖まだ桜咲いてるところありました。

#ひとり”こころ旅”


ということで、4月前半に続いて後半の走行記録収穫レコード日記等々。流石に田植えが終わる迄は自転車もそんなに乗ってられないんですけど、そもそもコロコロ旅は田植えや稲刈りでバテないように体力増進や健康維持が目的でもあったので、もう間もなくその真価が問われようとしてる訳です(何となく既に効果らしきものを感じてはいますが。ただ、一向に痩せません・苦笑)。

飛び出し坊やは他にも今月いろいろ写真が撮れたので、その辺りはそのうちまたあらためてドバっと。今のところゴールデンウィークの天気予報まずまず良さそうですが、どうぞ田植え日和に恵まれますように。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』6thシーズン#01

フリーダム・イズ・フリーフリーダム・イズ・フリー
(2017/3/3)
チカーノ・バットマン


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』6thシーズン第1回
2017年04月28日(金)19:00-21:30
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
01) Back In The U.S.A.
 バック・イン・ザ・U.S.A. 1976年
 [ Chuck Berry ]
 /ジョナサン・リッチマン&ザ・モダン・ラヴァーズ
 Jonathan Richman & The Modern Lovers
 ※Chuck Berry-1959年37位/R&B16位

【ストーブリーグに温めてた1曲!】
~映画『ラ・ラ・ランド』から

02) Someone In The Crowd
 サムワン・イン・ザ・クラウド 2016年
 [ Justin Hurwitz ]
 /エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、
 ソノヤ・ミズノ、ジェシカ・ロー
 Emma Stone, Callie Hernandez,
 Sonoya Mizuno, Jessica Rothe

~あらら…
03) LA・LA・LA LOVE SONG 1996年
 [ 作詞・作曲:久保田利伸 / 編曲:柿崎洋一郎 ]
 /久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL
 久保田利伸 with ナオミ・キャンベル

~ラ・ラ・ランドおっさん、3人揃えば…
04) 春ラ!ラ!ラ! 1980年
 [ 作詞:伊藤アキラ / 作曲:森田公一 / 編曲:竜崎孝路 ]
 /石野真子

~ここまで来たら…
05) La-La Means I Love You
 ララは愛の言葉 1968年4位/R&B2位
 [ Thom Bell / William "Poogie" Hart ]
 /デルフォニックス
 The Delfonics

【現在来日中!』
~京都・大阪公演はSOLD OUT!

06) Show You The Way
(feat. Michael McDonald & Kenny Loggins)
 ショウ・ユー・ザ・ウェイ 2017年
 [ Stephen Bruner / Michael McDonald
 / Kenny Loggins / Steven Ellison ]

 /サンダーキャット  Thundercat
 
~ザ!A.O.R.
07) 2nd Time Around
 セカンド・タイム・アラウンド 2017年
 [ Andrew Cohen / Benji Demps
 / Jacob Dutton / Clifton "Scooter" Maxie ]

 /タキシード Tuxedo

【夜のレコードマンスリー】
~1977年4月号より

08) やさしい悪魔 1977年
 [ 作詞:喜多條忠 / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:馬飼野康二 ]
 /キャンディーズ

09) 恋のブロックサイン 1977年
 [ 作詞:伊藤アキラ / 作曲:森田公一 / 編曲:萩田光雄 ]
 /アパッチ
 ※映画『野球狂の詩』主題歌

10) Tell Him
 テル・ヒム 1974年(UK6位)
 [ Bert Berns ]
 /ハロー  Hello
 ※The Exciters-1962年4位/R&B5位

11) 愛しのティナ 1977年
 [ 作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童 / 編曲:千野秀一 ]
 /ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
 ※「サクセス」B面

12) Venus
 ビーナス 1977年
 [ Tom Verlaine ]
 /テレヴィジョン Television

13) 桃娘 1976年
 [ 作詞・作曲・編曲:佐藤マサ ]
 /佐藤マサ

14) Southern Nights
 哀愁の南 1977年1位/AC1位/C&W1位
 サザン・ナイツ
 [ Allen Toussaint ]
 /グレン・キャンベル Glen Campbell
 ※Allen Toussaint-1975年

15) Year Of The Cat
 イヤー・オブ・ザ・キャット 1976-77年8位/AC8位(UK31位)
 [ Al Stewart / Peter Wood ]
 /アル・スチュワート Al Stewart

CM
-20:00-
【夜のラッキー7】
~チカーノ・バットマン『フリーダム・イズ・フリー』
『LATINA』のインタビュー記事も是非!

16) Freedom Is Free
 フリーダム・イズ・フリー 2017年
 [ Chicano Batman / Bardo Martinez ]
 /チカーノ・バットマン Chicano Batman

17) Jealousy
 ジェラシー 2017年
 [ Chicano Batman / Bardo Martinez ]
 /チカーノ・バットマン Chicano Batman

18) Run
 ラン 2017年
 [ Chicano Batman / Bardo Martinez ]
 /チカーノ・バットマン Chicano Batman

【夜のJ-POPフライ】
19) Just Try! 2017年
 [ 作詞・作曲:つんく / 編曲:大久保薫 ]
 /つばきファクトリー

20) JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ 2017年
 [ 作詞:大森靖子 / 作曲・編曲:sugarbeans ]
 /大森靖子

【サリーとシロー 岸部のアルバム】
~水前寺清子『おめでとうの唄-水前寺清子生活の歌をうたう-』から

21) 工場の唄 1970年
 [ 作詞:大矢弘子 / 作曲:藤原秀行 ]
 /水前寺清子

22) さわやかの唄 1970年
 [ 作詞:大矢弘子 / 作曲:叶弦大 / 編曲:小杉仁三 ]
 /水前寺清子
 ※「ありがとうの歌」-1970年5月

【リクエスト】
23) 相馬盆唄 1958年
 [ 福島県民謡 / 編曲:内藤法美 ]
 /江利チエミ

24) Nice Age
 ナイス・エイジ 2000年
 [ Chris Mosdel / Ryuichi Sakamoto / Yukihiro Takahashi ]
 /デキシード・ザ・エモンズ
 ※YMO-1980年

【5月6日、神戸・みなとのもり公園で開催されるイベント
「078」に出演する石野卓球が作詞・作曲!】

25) ゴキブリ男 2017年
 [ 作詞・作曲:石野卓球 ]
 /ハリウッドザコシショウ

~ゴキブリが出れば!
26) ダニアースのうた (Drum'n'Bass Mix) 1998年
 [ 作詞:水木ひろし /作曲:桜井順 / 編曲:レンミックス ]
 /野坂昭如

【リクエスト】
27) パーティーをぬけだそう!  1996年
 [ 作詞・作曲・編曲:忌野清志郎 ]
 /忌野清志郎と篠原涼子

【5月31日リリースの新曲!】
28) YABOったい 2017年
 [ 作詞・作曲:町あかり ]
 /町あかり

CM
-21:00-
【追悼… 夜のチャック・ベリー】
29) Roll Over Beethoven
 ベートーベンをぶっとばせ 1965年
 ロール・オーバー・ベートーヴェン
 [ Chuck Berry ]
 /ザ・ソニックス The Sonics
 ※Chuck Berry-1956年29位/R&B2位

30) Brown Eyed Handsome Man
 ブラウン・アイド・ハンサム・マン 1967年
 [ Chuck Berry ]
 /ニーナ・シモン Nina Simone
 ※Chuck Berry-1956年

31) School Days
 スクール・デイズ 1975年
 [ Chuck Berry ]
 /AC/DC
 ※Chuck Berry-1957年

32) Memphis, Tennessee
 メンフィス・テネシー 1973年
 [ Chuck Berry ]
 /ウィルソン・ピケット Wilson Pickett
 ※Chuck Berry-1959年

33) Havana Moon
 ハヴァナ・ムーン 1972年
 [ Chuck Berry ]
 /ジェフ&マリア・マルダー
 Geoff & Maria Muldaur
 ※Chuck Berry-1956年

34) Run Rudolph Run
 ラン・ルドルフ・ラン 2014年
 [ Johnny Marks / Marvin Brodie ]
 /Wild Tiki & His Tropical Combo
 ワイルド・チキ&ヒズ・トロピカル・コンボ
 ※Chuck Berry-1958年69位

35) ジョニー・B・グッド 1980年
 Johnny B. Goode
 [ Chuck Berry ]
 /アナーキー 
 ※Chuck Berry-1958年8位/R&B2位

【夜のヒーロー・インタビュー】
~開幕戦、ナイス・ゲームでした!
次回は来週5月5日(金)17時55分から!
See You Next Game!


36) Deep Feeling
 ディープ・フィーリング 1957年
 [ Chuck Berry ]
 /チャック・ベリー Chuck Berry


radikoプレミアムに加え、遂にタイムフリーでも聴くことが出来るラジオ関西『夜のピンチッター』待望のシーズン6、及ばずながら今期も「スコアラー気分」で番組を楽しみつつ応援出来ればと、早速開幕戦のプレイリストを作成させて頂きました(基本的に個人が趣味で作ってるものゆえ、不備不足もあるかと思います。お気付きの点があればご指摘頂けると助かります)。過去のプレイリストについてはこちらの「yasudaida」カテゴリータグ1st2nd3rd4th5th)から、或いは昨シーズン迄の分は『夜のスコアブック』をご参照下さい。

第1戦はまず短縮ヴァージョンなので軽く肩慣らしなのかと思いきや、2時間半で全36曲シーズン4までのフルヴァージョンも同然の熱戦!各種カヴァーを中心としたチャック・ベリー追悼や映画『ラ・ラ・ランド』からの「あらら…」な展開は勿論、【夜のレコードマンスリー】「ゴキブリ男」からの連携プレーなどでも『夜ピン』らしい愉快な選曲の妙が味わえるナイスゲームでしたけど、個人的には「もしかしたら昨シーズン迄かも」という気配が漂ってた(?)【夜のJ-POPフライ】のコーナー名を今シーズンも引き継いで頂けたことが嬉しかったです(^^;)。有難うございます。

いよいよ来週の第2戦からガッツリ3時間35分のフルヴァージョン、「プレイリスト作れるのだろうか」という不安もなくはないものの(苦笑)、期待の大きさに比べれば何のその。果たしてロス・ストレイトジャケッツ『愛しのニック・ロウ・ショー』はどのタイミングで登板となるのでしょうか、とにかくラジオ関西開局65周年の今シーズンも聴き逃せないです!


| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#03-#04

Andrew Gold/What's Wrong with This Picture?/All This and Heaven Too/WhirlwindAndrew Gold
/What's Wrong with This Picture?
/All This and Heaven Too
/Whirlwind

(2013/10/8)
Andrew Gold
Edsel

RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#03
2017年04月15日(土)22:30-23:00

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) Let's Stay Together  
 レッツ・ステイ・トゥゲザー 1972年1位/R&B1位
 [ Al Green / Al Jackson, Jr. / Willie Mitchell ]
 /アル・グリーン Al Green

02) Mama's Always On Stage
 ママズ・オールウェイズ・オン・ステージ 1992年
 [ Speech ]
 /アレステッド・ディベロップメント
 Arrested Development
 Al.『3 Years, 5 Months & 2 Days in the Life Of...』

03) Who's Gonna Help Brother Get Further
 フーズ・ゴナ・ヘルプ・ブラザー・ゲット・ファーザー? 2006年
 [ Allen Toussaint ]
 /エルヴィス・コステロ&アラン・トゥーサン
 Elvis Costello & Allen Toussaint
 ※Lee Dorsey-1970年

-ジングル-
04) That's Why I Love You
 そよ風のきみ 1976年68位
 [ Andrew Gold / Gene Garfin ]
 /アンドリュー・ゴールド Andrew Gold

05) The Boy Wonders
 ザ・ボーイ・ワンダーズ 1983年
 [ Roddy Frame ]
 /アズテック・カメラ Aztec Camera
 Al.『High Land、Hard Rain (ハイランド・ハードレイン)』

06) Jaded ジェイディッド 2001年7位
 [ Steven Tyler / Frederiksen ]
 /エアロスミス Aerosmith 
 Al.『Just Push Play』

07) When The Summer Is Through 1999年
 [ 作詞・作曲:岡田純 / 編曲:アップル&ペアーズ ]
 /アップル&ペアーズ

君は僕だ君は僕だ
(2012/6/20)
前田敦子


RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#04
2017年04月22日(土)22:30-23:00
「秋元康×成瀬英樹ソングブック特集」

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) Blitzkrieg Bop (Live)
 電撃バップ 1979年
 ブリッツクリーグ・ボップ
 [ Ramones ]
 /ラモーンズ Ramones
 ※1976年

02) Bingo! 2007年オリコン6位
 [ 作詞:秋元康 / 作曲:成瀬英樹 / 編曲:大内哲也 ]
 /AKB48

03) This Whole World
 ジス・ホール・ワールド  1970年
 [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

04) 愛とプライド  2007年
 [ 作詞:秋元康 / 作曲:成瀬英樹 / 編曲:関淳二郎、小野隆 ]
 /AKB48

05) 君は僕だ 2012年オリコン2位
 [ 作詞:秋元康 / 作曲:you-me / 編曲:佐々木裕 ]
 /前田敦子

-ジングル-
06) Drive My Car
 ドライヴ・マイ・カー 1965年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

07) タイムマシンなんていらない 2013年オリコン2位
 [ 作詞:秋元康 / 作曲・編曲:you-me ]
 /前田敦子

08) 休戦協定 2014年
 [ 作詞:秋元康 / 作曲・編曲:you-me ]
 /NMB48

09) 君はメロディー 2016年オリコン1位
 [ 作詞:秋元康 / 作曲:you-me / 編曲:野中“まさ”雄一 ]
 /AKB48


成瀬さんの『POP A to Z』第1回放送第2回放送はアルファベット「A」で始まる楽曲尽くしでしたが、第3回放送「A」で始まるアーティストの特集、そして第4回放送は秋元先生も「A」ということで「秋元康×成瀬英樹ソングブック特集」。第3回の多彩な選曲もさることながら、第4回は成瀬さん自ら「神回」とおっしゃるだけあって、他では絶対に味わえない面白さ!だって「秋元康×成瀬英樹ソングブック特集」なのに、いきなりラモーンズ「電撃バップ」ですよ(笑)。でも、これでがっちりハートを掴まれて、絶妙な構成に誘われるように成瀬さんワールドへズルズル。やはりこうして答え合わせ的に聞き比べしながらルーツを垣間見れるのって興味深いですし、洋楽オールディーズ・ファンとAKBファンの双方が楽しめちゃう趣向はまさに「神回」!成程、成瀬さんが影響を受けた先人への敬愛を込めつつ(勿論、秋元先生やアイドルの皆さんにも)、ポップスの魔法を継承すべくソングライティングされてるからこそ、こんなに爽快で素敵なメロディが生まれるんですね(大滝詠一さんや杉真理さんがそうであるように、オマージュの名人=素晴らしいメロディメーカーの証しのような気がしてなりません)。

次回はリクエスト特集とのことですけど、益々確信を深めました。僕のラジオ・リスナーとしての経験上、月末が「リクエスト大会」のオールディーズ・プログラムは間違いなく聴き逃せない番組です!

| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#168

ベイ・シティ・ローラーズ

『亀渕昭信のお宝POPS』#168
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年03月19日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年03月19日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Work To Do
 ワーク・トゥ・ドゥ  1974年
 [ O'Kelly Isley / Ronald Isley / Rudolph Isley ]
 /アヴェレージ・ホワイト・バンド
 Average White Band AWB
 ※The Isley Brothers-1972年51位/R&B11位

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ゴドレイ&クレームのLPレコード『L』をプレゼント!


02) Art School Canteen
 アート・スクール・キャンティーン 1978年
 [ Godley & Creme ]
 /ゴドレイ&クレーム Godley & Creme

CM
-リクエスト-
03) Lay Down (Candles in the Rain) 
 レイ・ダウン 1970年6位
 [ Melanie Safka ]
 /メラニー Melanie

【にっぽん全国洋楽番組めぐり】
#23:FBC福井放送『洋楽でおはよう』の佐藤正幸さん


04)Yesterday's Hero
 イエスタデイズ・ヒーロー 1976年54位
 [ Harry Vanda / George Young ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ
 Bay City Rollers 
 ※John Paul Young-1975年

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第168回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けはゴドレイ&クレーム『L』。言及はありませんでしたが、これも前回10cc同様、国内盤LPなのでしょうか?(どうやら今ではレコードだけでなくCDも廃盤なのか入手困難みたいですね。お探しの方にはまたとないチャンス!)。

そう言えばベイ・シティ・ローラーズ「イエスタデイズ・ヒーロー」をラジオで聴くのも久々で嬉しかったんですけど(イージービーツヴァンダ&ヤング作品!)、でもこれってオリジナルジョン・ポール・ヤングだったんですね(しかもアレンジもほぼ踏襲してるじゃないですか!?恥ずかしながら、つい最近まで知りませんでした)。

早いもので、もう間もなくゴールデンウィークですが(プレイリストなかなか追いつけなくて申し訳ないです)、亀渕さんのスペシャル・インタビューがオンエアされるらしい5月3日(水・祝)13時から放送予定のエフエム佐賀開局25周年記念特別番組『ラジオのキモチ』radiko、radikoプレミアムでは聴けないのがどうにも残念です・・・。

 https://www.fmsaga.co.jp/information/program/20170421115036.php

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「春うらら」-2017年4月のコロコロ。

コロコロ旅 たんぽぽ

2017年4月02日(日)

フラワーズ・イン・ザ・砂利道。
デコボコのカントリーロードを自転車で小石けとばしてたら、
今年初めてウグイスの声を耳にすることが出来ました。
「四月の風」はまだちょっと冷たかったです。

#ひとり”こころ旅”

春うらら

田山雅充さんの「春うらら」
林哲司先生やタブ純さんのラジオでも最近かかってて、
レコード欲しいなと思ってたら丁度いいタイミング
で巡り逢えました。編曲は船山先生。

#収穫



タイムスリップグリコ懐メロクッキー

2017年4月04日(火)

タイムスリップグリコは今でも中古見つけたら
欲しくなるんですが(ドーナツ盤とセットにするといい感じ)、
そう言えば懐メロクッキーなんてのもありましたね
(2003年?)。
久し振りにアダプター使って再生してみました。





コロコロ旅

2017年4月09日(日)

今日は風が強かったので短縮コース。
生憎の曇り空でしたが、
たんぽぽと桜の共演を愛でながら
軽くペダル漕いで来ました。

#お花見



UT

2017年4月12日(水)

今年の初買いTシャツはユニクロのキャピトル75
じゃなくてビアンキTシャツ
(もしかしてリーダーも買ってるでしょうか?)。
テクニクスSL-1200のコラボTシャツは
「一部店舗でのみの、お取り扱い」とのことで
残念ながら地元店舗には置いてませんでした。

#Tシャツ



田植え準備田植え準備

2017年4月14日(金)

今日からこの週末は田植えの準備Day。
『ひよっこ』の時代に比べたら楽なもんですが、
まだ桜が咲いてる季節とは思えないくらいの
ポカポカ陽気に、早くも夏バテのような気だるさと
日焼けのヒリヒリ感を味わってます(^^;)。

#稲作

桜のトンネル 桜のトンネル

予想よりも早く仕事が終わったので、
さっと着替えてちょっとだけコロコロ旅へ。
桜のトンネルを暫し一人占めして来ました。

#お花見



田植えの準備綿毛

2017年4月15日(土)

今日もがっつり田植えの準備。
雨上がりの青空にはヒバリがピーチクパーチク、
たんぽぽも花盛りですが、
ぼちぼち綿毛のお散歩も始まりそうです。

#稲作

大村憲司

大村憲司さんの「けんじの春がいっぱい」
[ 編曲:大村憲司、高橋幸宏、坂本龍一 ]
何故だか僕のは見本盤。

#ドーナツ・ソング

大村憲司大村憲司

B面の「THE DEFECTOR」、
作詞のクレジットが「ピート・バラカン」さん。


リンダ・グリーンリンダ・グリーン

桜の季節に聴きたい「ちょっと待って下さい」、
今日はリンダ・グリーン盤を。
やはりカタコト歌謡なA面の日本語ヴァージョンが好きです。

#ドーナツ・ソング

新井薫子新井薫子

TDKレコードの第1号歌手、
新井薫子の「大和撫子”春”咲きます」。
見岳章さんは編曲だけですが、
それでも限りなく一風堂歌謡。
本当にマスターテープが破棄されちゃって
CD化出来ないんでしょうか?

#ドーナツ・ソング

以上、まずは今月前半の走行記録収穫レコード日記等々。
丁度今、このブログをまとめながらラジオ日本『クリス松村の「いい音楽あります。」』を聴いてたら、クリスさんが最後に「大和撫子”春”咲きます」をかけて下さったので思わずニンマリ(^^)。一応、お花見ドライブにも出かけましたので、その辺りの写真はまた後日あらためて。

gremzgremzgremz

ブログで日々育てておりますグリムス(gremz)の木、いよいよ18本目が発芽した矢先、待ちに待った植林報告が届きました(有難うございます!)。モンゴル国セレンゲ県、とのことなんですけど、これは14本目なのかな?何にしても、やはり継続は力なり、引き続き小さなエコからコツコツと。


| Diary | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#167

10cc

『亀渕昭信のお宝POPS』#167
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年03月12日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年03月12日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Somethin' Stupid
 恋のひとこと 1967年1位
 [ C. Carson Parks ]
 /ナンシー&フランク・シナトラ 
 Nancy & Frank Sinatra

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
10ccの『オリジナル・サウンド・トラック』日本盤LP
をプレゼント!


02) I'm Not In Love 
 アイム・ノット・イン・ラヴ 1975年2位(UK1位)
 [ Graham Gouldman / Eric Stewart ]
 /10cc

CM
-リクエスト-
03) Little Latin Lupe Lu
 リトル・ラテン・ルーペ・ルー 1966年17位 
 [ Bill Medley ]
 /ミッチー・ライダー&ザ・デトロイト・ホイールズ
 Mitch Ryder & The Detroit Wheels
 ※The Righteous Brothers-1963年49位

-亀渕さんセレクト-
~ 一番短いNo.1ソング!

04) Stay 
 ステイ 1961年1位/R&B3位
 [ Maurice Williams ]
 /モーリス・ウィリアムス&ザ・ゾディアックス
  Maurice Williams & The Zodiacs

-リクエスト-
05) Early In The Morning
 幸福の朝 1969-70年12位(UK8位)
 [ Mike Leander / Eddie Seago ]
 /ヴァニティー・フェア Vanity Fare 

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第167回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の【お裾分け】10cc『オリジナル・サウンドトラック』日本盤LP!実は僕が持ってるのも日本盤LPなので今野雄二さんのライナーノーツを読みながら愛聴してるんですけど、残念ながらご覧の通り、中古で手に入れた帯無しなので、立派な帯が付いてる亀渕さんのお宝が羨ましいです(^^;)。交換して欲しいです(笑)。そう言えば、恥ずかしながら、わりと最近になってB面の4曲目「人生は野菜スープ」野菜スープ「ミネステローネ」と小さくルビが振ってあることに気付きました。正しくは「人生はミネステノーネ」と読むべき邦題だったんですね。でも僕の脳ミソには完全にもう「やさいスープ」で刷り込まれてます(^^;)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#02

ASSASS
(2010/10/25)
Badfinger


RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#02
2017年04月08日(土)22:30-23:00

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) Adore
 アドア 1987年
 [ Prince ]
 /プリンス Prince
 Al.『Sign "O" The Times』

02) And Your Bird Can Sing
 アンド・ユア・バード・キャン・シング 2006年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス
 Matthew Sweet & Susanna Hoffs
 Al.『Under The Covers Vol.1』
 ※The Beatles-1966年


03) Across The Universe
 アクロス・ザ・ユニヴァース 1969年/2003年 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles
 Al.『Let It Be... Naked』version

-ジングル-
04) Apple Of My Eye
 なつかしのアップル 1973年102位
 アップル・オブ・マイ・アイ
 [ Pete Ham ]
 /バッドフィンガー Badfinger
 Apple Records 7inch(APPLE 49)
 ※Al.『Ass』


05) April Come She Will
 四月になれば彼女は 1966年
 [ Paul Simon ]
 /サイモン&ガーファンクル
 Simon & Garfunkel
 Al.『Sounds Of Silence』
 ※Al.『The Paul Simon Songbook』-1965年


06) A面で恋をして 1981年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲 :大瀧詠一 / 編曲:多羅尾伴内 ]
 /ナイアガラ・トライアングル
 (大滝詠一、佐野元春、杉真理)
 Al.『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』-1982年

07) ABC 1970年1位/R&B1位
 [ Alphonso Mizell / Berry Gordy, Jr.
 / Deke Richards / Freddie Perren ]

 /ジャクソン5 The Jackson 5
 Al.『ABC』


プリンスファルセット・バラードの名曲ながら、ラジオではなかなか耳にする機会のない「アドア」をかけて下さるなんて、成瀬さんの『POP A to Z』、何て有難い番組でしょう!それも『The Hits/The B-Sides』に入ってる4分半のエディット・ヴァージョンじゃなくて、6分半のフルヴァージョンで!!でも、流石に冒頭から6分半じゃ今週は曲数少なめなのかなと思いきや、結局終わってみれば30分で全7曲!?オマケにプリンスの次にはスザンナ・ホフスビートルズのカヴァーからはビートルズこだわりのヴァージョンで、といった具合に転がって行く選曲の妙がまた愉快じゃないですか。そして何より個人的には、「B」の時にでもリクエストさせて頂こうかと考えてた大好きなバッドフィンガーを、「なつかしのアップル」ドーナツ盤でかけて頂けたことが嬉しくて、感謝感激、感動の嵐。更にナイアガラ・トライアングルまで飛び出しちゃいますし、そりゃ胸打ち抜かれちゃいますよ(笑)。そんな訳で、この愛おしい瞬間をせめて記録を留めておきたく、初回に続いて、またまた第2回放送分のプレイリストも作成させて頂きました。第3回放送への期待も益々膨らむばかりですが、今ならまだ番組HP上のアーカイブで第2回放送分も聴けますから、ご興味持たれた方は是非。

| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#01

Live AnthologyLive Anthology
(2009/11/23)
Tom Petty & The Heartbreakers


RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#01
2017年04月01日(土)22:30-23:00

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) Adult Education (Live)
 アダルト・エデュケーション 1985年
 [ Daryl Hall / John Oates / Sara Allen ]
 /ダリル・ホール&ジョン・オーツ
 Daryl Hall & John Oates
 Al.『Live at the Apollo』
 ※1984年8位


02) Ain't Too Proud To Beg (Live)
 エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ 2012年
 [ Norman Whitfield / Edward Holland, Jr. ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones
 Al.『L.A. Friday (Live 1975) 』
 ※The Temptations-1966年13位/R&B1位

-ジングル-
03) All Summer Long (Live) 
 オール・サマー・ロング 2000年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ブライアン・ウィルソン Brian Wilson
  Al.『Live At The Roxy Theatre』
 ※The Beach Boys-1964年


04) American Girl (Live)
 アメリカン・ガール 2009年
 [ Tom Petty ]
  /トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
 Tom Petty & The Heartbreakers
 Al.『The Live Anthology』
 ※1977年(UK36位)


05) Adeus America (Live)
 アデウス・アメリカ 2004年(2003年録音)
 [ Haroldo Barbosa / Geraldo Jacques ]
 /ジョアン・ジルベルト Joao Gilberto
 Al.『ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー』


この春の番組改編で個人的に一番期待を寄せてる新番組FMでもAMでもなく、神戸のインターネットラジオ局RadiCro(レディクロ)で始まった『成瀬英樹のPOP A to Z』。元・FOUR TRIPSの中心メンバーにして(20周年おめでとうございます!)、昨年AKB48に提供された「君はメロディー」オリコンNo.1を獲得した売れっ子ソングライターの成瀬さんが、DJのみならず選曲編集に加え、オンエア曲の作者JASRACの登録番号などもご自身で調べてご自宅で番組を録音・制作されてるとのことでビックリ!?まるで21世紀の『ゴー・ゴー・ナイアガラ』のようです。勿論、素敵なジングルも成瀬さんによるもので、後テーマにジェリーフィッシュを配置される辺りもセンス抜群で思わずニンマリ。ところどころ関西弁のイントネーションが顔を出す、優しく穏やかな語り口も、師匠の伊藤銀次さんとも通じるものを感じるのは僕だけでしょうか(^^)。今月はアルファベットの「A」にちなんだ曲やアーティストの特集、尚且つ初回は全編ライヴ・ヴァージョン尽くしと益々ゴキゲン!ストーンズブライアンもさることながら、トム・ぺティが聴けて嬉しかったです(ジョアン・ジルベルトはどのヴァージョンのかわからなかったので、成瀬さんにtwitterで教えて頂きました。有難うございます)。

ちなみに聴取方法は簡単で放送局のHPにアクセスして再生ボタンを押すだけ。もし仮に本放送の時間帯が都合悪くても、日曜朝の再放送や月曜お昼の再々放送、更には番組HP上のアーカイブで前回放送分を聴けるようにして下さってるので、安心して「Z」までついていけそうです(笑)。リクエストも受け付けて下さってるので早速送らせて頂きました。オールディーズ番組としても貴重ですが、4月22日(土)放送予定のデビュー20周年記念大特集 『秋元康=成瀬英樹ソングブック』も面白そうで楽しみ!


| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#166

デジャ・ヴデジャ・ヴ
(2016/7/20)
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング


『亀渕昭信のお宝POPS』#166
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年03月05日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年03月05日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) The World Is Waiting For The Sunrise 
 世界は日の出を待っている 1951年2位
 [ Eugene Lockhart / Ernest Seitz ]
 /レス・ポール&メリー・フォード
 Les Paul & Mary Ford

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの
『デジャ・ヴ』日本盤LPをプレゼント!


02) Carry On
 キャリー・オン 1970年
 [ Stephen Stills ]
 /クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
 Crosby, Stills, Nash & Young
 CSN&Y

CM
-リクエスト-
03) Does Anybody Really Know What Time It Is ?
 いったい現実を把握している者はいるだろうか? 1970年7位
 [ Robert Lamm ]
 /シカゴ Chicago

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#52:ライオン堂(松本市)

 http://www.liondo.com/

04) Bohemian Rhapsody
 ボヘミアン・ラブソディ 1976年9位(UK1位)
 [ Freddie Mercury / Queen ]
 /クイーン Queen

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第166回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントはCSN&Y『デジャ・ヴ』日本盤LP帯付きコンディションもよさそうですし、こんな超名盤を本当にいいんでしょうか?もしや亀渕さんがお裾分けプレゼントを捻出するために、本当は手元に置いておきたい大切な愛蔵盤を泣く泣く放出されてるのではないかと心配になってしまいます(^^;)。

そう言えば、確かに亀渕さん『いくつになってもロケンロール!』第19回放送(2010年01月05日)第43回放送(2011年01月04日)2013年1月05日放送のNHK-FM『ウイークエンドサンシャイン: ウィンター・スペシャル』とか、年明けの一発目の景気付けに「世界は日の出を待っている 」かけて下さってましたっけ・・・。

ところで先週の金曜日、茨城放送(IBSラジオ)で『お宝POPS』を聴こうとしたら、番組表放送局HPの表示とは違い、同局の改編情報みたいな特番やってたんですけど、どうやら茨城放送は4月から放送時間が火曜19:30-20:00移動したみたいですね。ラジオ関西KBS京都の放送時間はそのままですが、他にも春の改編で放送時間が変わった局がいくつかあるようです。今はタイムフリーがあるとはいえ、皆様どうぞお聴き逃しのないようご注意下さい。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT