Sweetheart Of The Radio

≫ EDIT

「レコード道楽」:めでたさや 独り正月 針落とす

Ella & BasieElla & Basie
(1997/10/28)
エラ・フィッツジェラルド
&カウント・ベイシー


NHKラジオ第1
『春風亭昇太のレコード道楽』#05
~めでたさや 独り正月 針落とす~
2017年1月9日(月)13:05-13:55
出演:春風亭昇太

NHKラジオ第1・NHK-FM 
『ラジオ深夜便』再放送ヴァージョン
2017年01月15日(日)25時台

http://www.nhk.or.jp/shinyabin/shouta.html

OP) The Balld of the Davy Crockett
 デビー・クロケットの唄 1968年
 [ Thomas W. Blackburn / George Bruns ]
 /ルイ・アームストロング Louis Armstrong, 
 ※ディズニー映画『デイビー・クロケット 鹿皮服の男
 (Davy Crockett, King Of The Wild Frontier)』-1954年
 Al.『サッチモ・シングス・ディズニー』
 (日本コロムビア/ YX-7375-BV)


01) Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree
 幸せの黄色いリボン 1973年1位/AC1位
 [ Russell Brown / Irwin Levine ] 
 /トニー・オーランド&ドーン  
 Tony Orlando & Dawn
 Al.『グレイテスト・ヒッツ』
 (フォノグラム / 25RS-172)


02) ありがとうの歌 1970年
 [ 作詞:大矢弘子 / 作曲:叶弦大 / 編曲:小杉仁三 ]
 /水前寺清子
 Al.『水前寺清子ベスト・ヒット』
 (クラウン / GWS-57)
 ※TVドラマ『ありがとう』主題歌


-立川志の輔さんからのリクエスト-
03) Born To Be Wild
 ワイルドでいこう 1968年2位
 [ Mars Bonfire ] 
 /ステッペンウルフ Steppenwolf
 Al.『ベスト・アルバム』
 (ワーナー・パイオニア / P-5936)
 ※映画『Easy Rider』-1969年


-『ラジオ深夜便』ヴァージョンのみ-
00) 夜明けのマイウェイ 1983年
 [ 作詞・作曲:荒木一郎 / 編曲:チト河内 ]
 /荒木一郎
 Al.『シーン・フォニック』
 (トリオ / 3B-25018)
 ※TVドラマ『ちょっとマイウェイ』主題歌(パル-1979年)


-戸田恵子さんからのリクエスト-
04) On The Sunny Side Of The Street
 明るい表通りで 1963年
 [ Dorothy Fields / Jimmy McHugh ]
 /エラ・フィッツジェラルド&カウント・ベイシー
 Ella Fitzgerald & Count Basie
 ※ミュージカル『Lew Leslie's International Revue』-1930年
 Al.『ベスト・ジャズ・ヴォーカル』
 (ポリドール / MV-9087/8)


-「成人の日」祝日特集のみ-
05) あゝ青春 1975年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:チト河内 ]
 /トランザム
 ※TVドラマ『俺たちの勲章』主題曲より
 Al.『ベスト』
 (テイチク / BAL-1016)


-六角精児さんからのリクエスト-
06) 眠られぬ夜のブルース 1967年
 [ 作詞:川内康範 / 作曲:浜口庫之助 / 編曲:寺岡真三 ]
 /青江三奈
 Al.『青江三奈ボックス』
 (ビクター / SJX-8032/6)


-「成人の日」祝日特集のみ-
07) 銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999) 1979年
 [ 英語作詞:奈良橋陽子 / 日本語作詞:山川啓介
 / 作曲:タケカワユキヒデ / 編曲:ミッキー吉野 ]

 /ゴダイゴ
 Al.『銀河鉄道999』
 (コロムビア / CQ-7066)
 ※アニメ映画『銀河鉄道999 』主題歌-1979年


-ラサール石井さんからのリクエスト-
08) 円舞曲(わるつ) 1974年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:川口真 ]
 /ちあきなおみ』
 Al.『円舞曲(わるつ)
 (コロムビア / JDX-7027)



今年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』今川義元役でもご活躍の春風亭昇太さんによる『レコード道楽』第5弾、やはり番組サイトに過去のプレイリストはアーカイブされないようなので、個人的に記録させて頂きます(『レコード道楽』タグでプレイリスト遡れます)。

新年最初の放送は昨年ゲストに登場された方々からのリクエストを交えつつ、昇太さんが自らレコードに針を落として語るワンマンDJショーでしたが、それでも先輩か友達の家で好きなレコードかけて語り合ってるような楽しく懐かしく、愛おしい雰囲気が満々(確かに言われてみれば「幸せの黄色いリボン」の歌詞、男性がどんな罪を犯して服役してたのか気になるところです・苦笑)。

それにしてもエラ・フィッツジェラルドの歌声とカウント・ベイシー楽団の演奏による「明るい表通りで」、何て素敵なんでしょう!元々大好きな曲でこのCDも持ってるんですけど、レコードとラジオの魔法が更に魅力を増幅させてくれるのか、いっそう格別の味わい。お陰で益々大好きになって、レコードも欲しくなりました。



どうやら『春風亭昇太のレコード道楽』3月に公開収録が行われるようですね(ゲストはラサール石井さんとのこと)。今川義元公が無口なぶん、『レコード道楽』では存分に語りまくってレコード談義の花咲かせて下さい(笑)。今年も楽しい放送を期待してます!


| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#159

リクエスト紹介証明書

『亀渕昭信のお宝POPS』#159
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年01月15日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年01月15日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Lana 
 愛しのラナ 1961年
 [ Joe Melson / Roy Orbison ]
 /ヴェルヴェッツ The Velvets

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ストロベリー・スウィッチブレイド「Who Knows What Love Is?」
の12インチ・シングル
をプレゼント!


02) Who Knows What Love Is?
 愛の疑問 1985年(UK84位)
 [ Phil Thornalley ]
 /ストロベリー・スウィッチブレイド
 Strawberry Switchblade

CM
-リクエスト-
03) Eye In The Sky
 アイ・イン・ザ・スカイ
 1982年32位
 [ Alan Parsons / Eric Woolfson ]
 /アラン・パーソンズ・プロジェクト
 The Alan Parsons Project

【亀渕さんセレクト】
~アメリカ大統領就任式を迎えての1曲

05) Star Spangled Banner (Live) 
 星条旗よ永遠なれ 1969年/1970年
 [ Francis Scott Key ]
 /ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix

-リクエスト-
06) Tight Rope
タイト・ロープ 1972年11位
[ Leon Russell ]
/レオン・ラッセル Leon Russell

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第159回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

僭越ながら、「アイ・イン・ザ・スカイ」は僕のリクエスト。イアン・ベアンソン以外のパイロット来日公演の顔ぶれは亀渕さんが昨年冬にご覧になったアルバート・ハモンド来日公演バックバンドそのまんまだったので、その辺りのご報告も兼ねて久々にリクエストさせて頂いたような次第(アンブロージアパイロットがオンエアされてる一方で、アラン・パーソンズ・プロジェクトはまだ番組ではかかってないようでしたし、来日公演でもパイロットの素晴らしいヴァージョンで聴けて感激した1曲でしたから、丁度いいかなと思いまして)。リクエスト紹介証明書ラジオネームで頂戴してたので、今回は本名で頂くことが出来て尚嬉しかったです。ホントったらホントに有難うございます!

そう言えばパイロット来日時のインタビューライヴリポートが掲載されてる音楽雑誌って、中田利樹さんによるシンコーミュージックのムック『AOR AGE Vol.6』だけなんでしょうか?(他にあったら教えて下さい)。『ストレンジ・デイズ』の休刊が惜しまれます。

 https://www.shinko-music.co.jp/item/pid1644107/


| Kame Radio | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#157-#158

[アルファの伝説] 音楽家 村井邦彦の時代[アルファの伝説]
音楽家 村井邦彦の時代

(2016/8/20)
松木直也 (著)
河出書房新社

『亀渕昭信のお宝POPS』#157
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年01月01日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年01月01日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Warm Love
 ウォーム・ラブ 1973年
 [ Van Morrison ]
 /ヴァン・モリソン Van Morrison 

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ポリスの20周年記念12インチ・シングル盤をプレゼント!


02) Roxanne '97 (Puff Daddy Remix)
 ロクサ-ヌ′97 1997年  
 [ Sting ]
 /スティング&ポリス
 Sting & The Police
 ※The Police-1979年32位(UK12位)
 ※"Kool's Back Again"/Kool & The Gang
 [ Gene Redd / Jimmy Crosby ]

  
CM
【VIVA! 音楽業界の仕掛け人】
ゲスト:村井邦彦さん(前編)


~スタジオライフ公演・音楽劇
『アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人』サウンドトラックより

03) OverTure-Clarisse  
 オーヴァーチュア 2014年
 [ 作曲:村井邦彦 / 編曲:Christian Jacob ]
 /Kuni Murai 村井邦彦

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra




Release / Show Me To The StageBeautiful Jazz
: A Private Concert

(2014/4/1)
Christian Jacob


『亀渕昭信のお宝POPS』#158
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年01月08日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年01月08日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) This Diamond Ring
 恋のダイアモンド・リング 1965年1位
 [ Al Kooper / Bob Brass / Irwin Levine ]
 /ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ
 Gary Lewis & The Playboys

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
マイク・カーブ・コングリゲイション「燃える架け橋」
のシングル盤レコード
をプレゼント!


02) Burning Bridges
 燃える架け橋  1970年34位/AC16位
 [ Lalo Schifrin / Mike Curb ]
 /マイク・カーブ・コングリゲイション
 The Mike Curb Congregation
 ※MGM映画『Kelly's Heroes(戦略大作戦)』メイン・テーマ

CM 
【VIVA! 音楽業界の仕掛け人】
ゲスト:村井邦彦さん(後編)


03) That’s All
 ザッツ・オール 2014年
 [ Alan Brandt / Bob Haymes ]
 /クリスチャン・ジャコブ Christian Jacob
 クリスチャン・ジェイコブ
 ※Nat King Cole-1957年

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第157回&158回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

年末最終回(12月30日-1月02日)年始初回(1月06日-1月09日)のゲストは村井邦彦さん!村井さんがご出演された2016年12月4日(日)放送TOKYO FM『松任谷正隆の楽しいラジオ』や同じく12月4日放送のニッポン放送『マイ プレイリスト Love for Japan~kizashi~』なども聴かせて頂いたんですが、同時期の収録だったのでしょうか?限られた時間ではあれど、旧知の亀渕さんとの対談は明るく楽しく、名曲「マイ・ウェイ」の権利を買い付けた経緯やユーミンを獲得したエピソードも伺えて興味深かったです(どちらも加橋かつみさんの存在が!)。

そう言えばChristian Jacob、てっきりクリスチャン・ジェイコブなのかなと思ってたら、村井邦彦さんは「クリスチャン・ジャコブ」と呼んでおられますね。それに村井さん、マイク・カーブともお友達なんだ!と驚いてたら、第158回放送の後編でお話に出たご子息でディレクターのHiro Muraiさん、何とゴールデングローブ賞を受賞されたではありませんか!?親子揃って素晴らしいご活躍ですね。おめでとうございます!

 http://www.goldenglobes.com/photo-gallery/our-winners-golden-globe-class-2017

ところで、息子さんのお友達で30歳くらいの男性がやってらっしゃるという1960年代~70年代の世界中の埋もれた名曲を流してるラジオ局はネットでも聴けるのでしょうか?それをレコードにして世界中の200店くらいの小さなレコード屋さんと契約して販売してるとのこと、是非詳細教えて頂きたいです。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとり”こころ旅”-2016年12月編

ひとり”こころ旅”ひとり”こころ旅”

2016年12月11日(日)

先週までは指先が出てる手袋でも
全然平気だったのに流石に今日は駄目。
寒さで指先と耳が痛くなって来たので、
早々にショートカットして帰って来ました
(写真は先週分)。


ひとり”こころ旅”ひとり”こころ旅”

2016年12月18日(日)

今日は暖かったので、
ネックウォーマーもなしでひとりこころ旅へ。
てっきり釣人は地元の人ばかりなのかと思いきや
「なにわ」ナンバーも。
すっかり紅葉も終わったからか、
ライダーさんやチャリダーさんには
一人も出逢いませんでした。


飛び出しガール飛び出しガール

最近は裏道を走って
色違いの飛び出しボーイズ&ガールズ
を探すのが道中の楽しみです。


こころ旅飛び出し坊や

2016年12月25日(日)

暖かいクリスマス。
やはりケーキ食べたぶんは運動しなきゃと
今日もひとり”こころ旅”へ。
飛び出し坊や探しが丁度いい休憩にもなって、
少しずつ距離が延びてます。


飛び出しおばあちゃん飛び出し坊や

老後も交通安全を
笑顔で見守り続ける飛び出しおばあちゃん。


ひとり”こころ旅”ひとり”こころ旅”

2016年12月31日(土)

大掃除がさっぱり捗らないので、
今年最後の”ひとりこころ旅”で暫し現実逃避(^^;)。
大晦日でも釣り人はちらほら。皆様どうぞよいお年を。



ということで、2016年12月の走行記録をざっとダイジェストで。

カンバス

そして晩秋~初冬にかけてのサウンド・トラックは今シーズンもこの辺り
『恋人たちの予感』のサントラCDが見当たらず・・・)。

風のララバイ風のララバイ

そう言えばブログに書きそびれてましたが、秋ジャケしか持ってなかったアルバート・ハモンド『風のララバイ』、2015年の晩秋に念願叶って夏ジャケも入手したのでした(108円!)。裏ジャケも全然違いますね。

風のララバイユーミン

『風のララバイ』、あらためてクレジット確認したらジェフ・ポーカロリー・スクラー二コレッタ・ラーソンジェニファー・ウォーンズと素敵な顔ぶれ。ようやくシングルと同一ジャケ揃いました!(ついでにユーミン『コバルト・アワー』帯付きのコンディションがいいやつにしれっと買い直し。まさかの200円!)。

ユーミン

ユーミンはCDほとんど持ってないので、もっぱらレコード。
『VOYAGER』ヒプノシスのジャケを眺めつつ久々に針落とし。
冬の夕暮れに聴く「ダンデライオン」の味わい深いこと!
最近またユーミンがマイブームです。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016レコ買い納め&顔ハメ納め

レコ買い納めレコ買い納め

2016年12月23日(金・祝)

遅ればせながら「カフェストリートのレコード喫茶」の続き。

【2016年のレコード買い納め】に選んだのはディスクユニオン大阪店。まずはミュージカル映画のサントラにして、ビージーズピーター・フランプトンらによるビートルズのカヴァーで構成された2枚組LP『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』米オリジナル盤が安かったので購入。プロデュースはジョージ・マーティン、演奏陣にはタワー・オブ・パワーのホーン・セクションも。ポスターの状態も上々でした。

アメリカアメリカ

更に初回のみマリン・ブルー・カラー・レコードが美しいアメリカ『渚のボーダー』帯付き国内盤が309円とこれまた嬉しい収穫。こちらのプロデュースはジョージ・マーティンじゃなくてラス・バラードですが、アビイ・ロード録音でしたか。メロディもハーモニーもめっちゃ爽快、裏ジャケにウィングス感が漂ってます(?)。

ユニオンユニオン

そして通販で貰おうかなと思ってたディスクユニオン『いますぐ聴いてほしい2016年オールジャンル700』も店頭で頂戴することが出来たので有難い限り。音楽雑誌もビックリな豪華ゲスト執筆陣とボリュームなのに無料だなんてビックリ、マーシーのコラム最高ですね!(電子書籍版でも読めます)。

雷音レコード

2016年12月24日(土)

レコードは昨日、ディスクユニオン大阪で買い納め、
のつもりだったんですが、
今日ミックスナッツハウス「三温糖」が届きました。
従って今年の買い納めは雷音レコード
自分自身への何よりのクリスマス・プレゼントです!




そんな訳で、店頭買い納め12インチ通販買い納め7インチとなりました(^^)。

ピコ太郎ピコ太郎

で、話はまた23日に戻りまして。

【2016年の顔ハメ納め】はやはりピコ太郎でしょ!ということでタワーレコード梅田マルビル店へ。どうやらお子ちゃま向けらしくやや小ぶりサイズ。パイロット大阪公演の前に装着した久保田利伸さんご本人も装着された直筆サイン入り顔ハメもまだありました。

ビートルズ

折りしも梅田マルビル店では『ザ・ビートルズ ~EIGHT DAYS A WEEK』映像ソフトの発売記念特大パネルが壁面にディスプレイされてたものの、キムタクの衣装展示に大行列が出来てて、ゆっくり眺めていられるような雰囲気ではなく・・・(ファン心理はわからなくもないので、お察しします)。

ピコ太郎なんば

ちなみにピコ太郎の顔ハメインストアイベント会場だったタワレコ難波店にも。結局、2016年20顔ハメ、最終的に顔ハメ納めはピコ太郎ではなく、帰り道で偶然見つけたツルハドラッグ難波センター街店の顔ハメ(中国人観光客向け?)になってしまったのでした(^^;)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『PIRATES ROCK』:「萩原健太の音楽遍歴」

アメリカン・グラフィティから始まった (ele-king books) アメリカン・グラフィティから始まった
(ele-king books)

(2016/12/7)
萩原健太 (著)
Pヴァイン

FM COCOLO『PIRATES ROCK』
2017年01月06日(金)21:00-23:00
「萩原健太の音楽遍歴」
DJ:萩原健太

https://cocolo.jp/service/homepage/index/5210/22923

OP) Open Up Wide
 オープン・アップ・ワイド 1971年
 [ Bill Chase ]
 /チェイス Chase

【健太さんが初めて買ったドーナツ盤】
01) Karelia
 霧のカレリア 1965年
 [ C.Kaparow ]
 /ザ・スプートニクス The Spotnicks

【洋楽が好きになってショックを受けた曲】
~アルバム買ったら全曲カヴァー、解説は朝妻一郎さん、
オールディーズの泥沼にハマった曲。

02) Take Me For A Little While
 フォー・ア・リトル・ホワイル 1968年38位
 [ Trade Martin ]
 /ヴァニラ・ファッジ Vanilla Fudge
 ※Evie Sands-1965年

【バブルガム・ポップ代表】
03) Indian Giver    
 インディアン・ギヴァー 1969年5位
 [ Bobby Bloom / Ritchie Cordell / Bo Gentry ]
 /1910フルーツガム・カンパニー
 1910 Fruitgum Company

【健太さんにとっての3大アーティスト】
~健太さんが初めて買ったBB5のシングル

04) I Can Hear Music
 アイ・キャン・ヒア・ミュージック 1969年24位
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※The Ronettes-1966年100位

~『'68カムバック・スペシャル』を見て
『エルヴィス・イン・メンフィス』を買いに行った。

05) Long Black Limousine
 ロング・ブラック・リムジン 1969年
 [ Bobby George / Vern Stovall ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

~ボブ・ディランがヘンな人だなと最初に思わせてくれた曲(笑)
06) Wigwam
 ウィグワム 1970年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

CM
=中学~高校時代に好きだった音楽=
【ブラス・ロック代表】

07) Good Bless The Child
 神よ祝福を 1968年
 [ Billie Holiday / Arthur Herzog Jr. ]
 /ブラッド、スウェット&ティアーズ
 Blood, Sweat & Tears
 BS&T
 ※Billie Holiday-1942年

【カントリー・ロック代表】
08) House At Pooh Corner
 プー横丁の家 1970年53位
 [ Kenny Loggins ]
 /ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
 Nitty Gritty Dirt Band
 NGDB

【ラテン・ロック代表】
~タワー・オブ・パワーのホーン・セクションが参加!

09) Everybody's Everything
 新しい世界 1971年12位/R&B39位
 [ Milton Brown / Danny Joe Brown
 / Teddy Moss / Carlos Santana ]

 /サンタナ Santana 

【ビートルズのソロ作品から】
~ジョージの『オール・シングス・マスト・パス』は当時高くてまだ買えなかった

10) Dream
 ドリーム 1970年
 [ Johnny Mercer ]
 /リンゴ・スター Ringo Starr  
 ※The Pied Pipers-1944年

11) Hold On 
 しっかりジョン 1970年
 [ John Lennon ]
 /ジョン・レノン John Lennon

12) Tomorrow
 トゥモロウ 1971年
 [ Paul McCartney / Linda McCartney ]
 /ウィングス Wings

CM
【影響を受けたシンガーソングライターもの3曲】
13) Sunny Skies
 サニー・スカイズ 1970年
 [ James Taylor ]
 /ジェイムス・テイラー  James Taylor 
 
14) Way Over Yonder
 幸福な人生 1971年
 [ Carole King ]
 /キャロル・キング Carole King

15) Out on the Weekend 
 週末に 1972年
 [ Neil Young ]
 /ニール・ヤング Neil Young

=1974年に大学入学、映画『アメリカン・グラフィティ』との出逢い=
【サントラ盤から3曲】

16) See You in September
 シー・ユー・イン・セプテンバー 1959年
 [ Sid Wayne / Sherman Edwards ]
 /テンポス The Tempos

17) You're Sixteen
 夢見る16才 1960年8位
 [ Robert B. Sherman / Richard M. Sherman ]
 /ジョニー・バーネット Johnny Burnette

18) A Thousand Miles Away
 サウザンド・マイルズ・アウェィ 1957年52位/R&B5位
 [ James Sheppard / William H. Miller ]
 /ハートビーツ The Heartbeats

【ニルソンとの出逢いでポピュラー・スタンダードの魅力に開眼】
19) This Is All I Ask
 願いのすべて 1973年
 [ Gordon Jenkins ]
 /ニルソン Harry Nilsson
 ※Nat King Cole-1958年

20) Squeeze Me
 スクイーズ・ミー 1974年
 [ Fats Waller / Clarence Williams ]
 /マリア・マルダー Maria Muldaur
 ※Fats Waller-1925年

21) My Blue Heaven
 私の青空 1977年
 [ George Whiting / Walter Donaldson ]
 /イアン・ホイットコム  Ian Whitcomb
 イアン・ウィットコム
 ※Gene Austin-1929年

CM
【当時、友達とは喜びを分かち合えず、家で静かに聴いてたMOR】
22) You Oughta Be Home With Me
 二人のスウィート・ホーム 1976年
 [ Barry Manilow / Adrienne Anderson ]
 /バリー・マニロウ Barry Manilow

23) Only Yesterday
 オンリー・イエスタデイ 1975年4位/AC1位
 [ John Bettis / Richard Carpenter ]
 /カーペンターズ Carpenters

24) Alone At Last
 愛のひととき 1977年
 アローン・アット・ラスト
 [ Phil Cody / Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka
 
=出版社に入社した頃のお気に入り=
【昔の要素を取り入れながらコンテンポラリーな音楽を作ってた3組】

25) Rockaway Beach 
 ロッカウェイ・ビーチ 1977-78年66位  
 [ Ramones ]
 /ラモーンズ The Ramones

26) Check Mr. Popeye
 チェック・ミスター・ポパイ 1977年
 [ Steve Van Zandt ]
 /サウスサイド・ジョニー&ジ・アズベリー・ジュークス 
 with ザ・コースターズ 
 Southside Johnny & the Asbury Jukes with The Coasters

27) Heart
 ハート 1980年
 [ Nick Lowe / Rockpile ] 
 /ロックパイル Rockpile

CM
-エンディング-
ED) Samba Pa Ti
 君に捧げるサンバ 1970年
 [ Carlos Santana ]
 /サンタナ Santana


チープ・トリック『at武道館』をつくった男=元ソニーの野中さん仕切りによるFM COCOLO『PIRATES ROCK』は、レコード会社の元ディレクターやプロデューサー、雑誌編集者といった方々が週替わりでDJを務め、自らが担当したアーティストや影響を受けたミュージシャンの楽曲を当時のエピソードを交えつつ紹介して下さる洋楽番組。これまで朝妻一郎会長や山本さゆりさんをはじめ、天辰保文さんや北中正和さん、宮治淳一さんや佐々木雄三さんらが担当された回などを拝聴させて貰ってたんですが、昨年末から現ソニーのディラン担当=白木さんに宮治淳一さん、更にチープ・トリックのリック・ニールセン(面白かった!)という豪華なラインナップを経て、遂に新年1発目健太さんが番組初登場!やはりデータベースに記録を残しておきたいので、ざっとプレイリストを作成してみました(オープニングのチェイスとエンディングのサンタナ、あとBGMのブッカー・T&ジ・MG’Sは番組のお決まりなので、それ以外が健太さんの選曲となります)。

「萩原健太の音楽遍歴」というテーマゆえ、長年健太さんを追いかけてるリスナーや読者には断片的に耳にしたり拝読してたエピソードも少なくはなかったものの、あらためてじっくりと伺えましたし、こうして2時間ガッツリとラジオでDJを拝聴出来るのも久々だったので感慨もひとしお。健太さんをオールディーズの泥沼、じゃなくて(笑)底なし沼に引き擦り込んだのは映画『アメリカン・グラフィティ』との出逢いが大きかったとのことですけど、『アメリカン・グラフィティ』もさることながら、僕をオールディーズの底なし沼に引き擦り込んでくれたのは間違いなく健太さんのラジオなので(感謝してます!)、健太さんのDJもっと聴きたいです。何度かご出演されてる宮治さんや佐々木雄三さんみたいに、健太さんの『PIRATES ROCK』再登場も期待していいでしょうか?今回の続きは勿論、テーマを絞った特集企画、或いは宮治さんや佐々木雄三さんとご一緒に、というのも面白そう!とにかく、是非また宜しくお願いします。


| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#156

Release / Show Me To The StageRelease
/ Show Me To The Stage

(2014/7/28)
Henry Gross


『亀渕昭信のお宝POPS』#156
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年12月25日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2016年12月25日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) The House Of the Rising Sun 
 朝日のあたる家 1964年1位(UK1位)
 [ Alan Price / Traditional ]
 /アニマルズ  The Animals

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ヘンリー・グロス「Shannon」のシングル・レコード
(US盤7インチ)をプレゼント!


02) Shannon    
 シャノン 1976年6位
 [ Henry Gross ]
 /ヘンリー・グロス Henry Gross

CM
-リクエスト-
03) (What A) Wonderful World
 ワンダフル・ワールド 1960年12位/R&B2位
 [ Lou Adler / Herb Alpert / Sam Cooke ]
 /サム・クック Sam Cooke

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#50:フォーエヴァー・レコード(大阪市)

 http://www5a.biglobe.ne.jp/~forever/

04) Super
 ズーパー 1972年
 [ Klaus Dinger / Michael Rother ]
 /ノイ! Neu!

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第156回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

早いもので50店舗目となる【にっぽん全国レコード店めぐり】のコーナー、今回は第122回放送キングコングさんに続く大阪から2店舗目にして、これまた老舗フォーエヴァー・レコードオールディーズ・ファンには勿論、大瀧詠一さんや山下達郎さんのファンにもお馴染みですが、そうですか、現在の店長さんはかつて梅田LPコーナーにいらした方でしたか。その店長さんの得意分野ということで、今ではプログレパンクをはじめ、ニューウェーブテクノノイズなどにも力を入れてらっしゃるとのことですけど、それにしてもまさか『お宝POPS』ノイ!がかかるとは!?そして、ちらっと噂は耳にしたことがあったものの、やはりモーマス大阪に住んでるというのは本当だったのかとビックリ。成程、本人がYou Tubeに公開してくれてるこの曲なんかもフォーエヴァー・レコードさんから譲り受けたという音頭民謡のレコードをサンプリングしてるんですね(^^)。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TFM東洋化成『団塊ザ・ミュージック』#04

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァーソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
(2003/1/22)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA


TOKYO FM
東洋化成『団塊ザ・ミュージック』
第4回「1979年」
2017年01月06日(金)AM4:00-6:00
出演:クリス松村、長門芳郎


OP) Do You Believe In Magic?
 魔法を信じるかい? 1965年9位
 魔法を信じるの?
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル 
 Lovin' Spoonful

【新年の1曲目は「走り出したら止まらない」この曲で!】
~芳野藤丸さんは藤丸バンドで
西城秀樹「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のサポートも。

01) 男達のメロディー 1979年
 [ 作詞:喜多條忠 / 作曲:ケーシー・ランキン / 編曲:大谷和夫 ]
 /SHOGUN
 ※TVドラマ『俺たちは天使だ!』の主題歌

【初のスマッシュヒット】
02) 風を感じて 1979年
 [ 作詞:三浦徳子、浜田省吾 / 作曲:浜田省吾 / 編曲:水谷公生 ]
 /浜田省吾
 ※日清食品「カップヌードル」のCMソング

【1979年の音楽事情】
・邦楽のシングル売り上げ1位は渥美二郎の「夢追い酒」
・アーティストのシングル売り上げ1位はGODIEGO、
 ピンク・レディーは2位ながらシングル総売り上げ1000万枚を突破

 
BGM) Kiss In The Dark 1979年37位
 [ 作詞・作曲:Michael Lloyd / 編曲:John D'Andrea ]
 /ピンク・レディー Pink Lady

【ビルボード年間チャート12位をオリジナルとの聞き比べで】
03-a) Mac Arthur Park    
 マッカーサー・パーク 1968年2位  
 [ Jimmy Webb ] 
 /リチャード・ハリス Richard Harris

03-b) MacArthur Park
 マッカーサー・パーク 1978年1位/R&B8位 
 [ Jimmy Webb ] 
 /ドナ・サマー Donna Summer

【未CD化のライヴ・ヴァージョンで!】 
~『THE RCA/AIR YEARS LP BOX 1976-1982』収録の
1980年8月2日どしゃ降りの葉山マリーナ野外公演(PAアウト)より。

04) 愛を描いて -LET'S KISS THE SUN- (Live) 2002年
 [ 作詞:吉田美奈子 / 作曲・編曲:山下達郎 ]
 /山下達郎
 ※JAL沖縄キャンペーン'79イメージソング

【当時パイドパイパー・ハウスでベストセラー】
05) Love You Eternally
 ラヴ・ユー・エターナリー 1979年
 [ Chris Rainbow ]
 /クリス・レインボウ Chris Rainbow

【2nd『10ナンバーズ・からっと』が当時の大学生に人気】
~間奏のDJは桑田さんによるウルフマン・ジャックのモノマネ。

06) お願いD.J. 1979年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:サザンオールスターズ / 弦管編曲:新田一郎 ]
 /サザンオールスターズ

【チャリティ・ライヴ盤『Music for UNICEF Concert』より】
~未CD化のライヴ・ヴァージョン!

07) Do Ya Think I'm Sexy ? (Live)
 アイム・セクシー 1979年 
 [ Carmine Appice / Rod Stewart ]
 /ロッド・スチュワート Rod Stewart 
 ※1979年1位/R&B5位/Dance1位(UK1位)

【ソロ4作目のシングルで大ブレイク】
08) セクシャルバイオレットNo.1 1979年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:筒美京平 / 編曲:桑名正博&ティアードロップス、戸塚修 ]
 /桑名正博
 ※カネボウの1979年秋キャンペーンCMソング

【JAL"COME TO AMERICA'79"のキャンペーンソング】
~「アメリカ」「坂本龍一」さんが5時台へのキーワード

09) アメリカン・フィーリング 1979年
 [ 作詞:竜真知子 / 作曲:小田裕一郎 / 編曲:坂本龍一 ]
 /サーカス

-中締め-
ED) Do You Believe In Magic?
 魔法を信じるかい? 1965年9位
 魔法を信じるの?
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル 
 Lovin' Spoonful

CM
-AM5:00-
【一時代を築いたYMOの1stシングル】
~1979年に1stアルバムがアメリカでもリリース。

10) TECHNOPOLIS テクノポリス 1979年
 [ 作詞・作曲:坂本龍一 / 編曲:イエロー・マジック・オーケストラ ]
 /イエロー・マジック・オーケストラ
 Yellow Magic Orchestra YMO

【シングル・ヴァージョンに後半オリジナルの細野さんのヴォーカルを繋げて!】
11-a) Yellow Magic Carnival
 イエロー・マジック・カーニバル 1979年
 [ 作詞・作曲:細野晴臣 / 編曲:鈴木茂 ]
 /マナ manna

11-b) Yellow Magic Carnival
 イエロー・マジック・カーニバル 1975年
 [ 作詞・作曲・編曲:細野晴臣 ]
 /ティン・パン・アレー

【細野さんプロデュース】
~日本航空「マイ・ハート・キャンペーン」CMソング。

12) You May Dream
 ユー・メイ・ドリーム 1979年
 [ 作詞:柴山俊之, Chris Mosdell / 作曲:鮎川誠, 細野晴臣
 / 編曲:SHEENA & THE ROKKETS ] 

 /シーナ&ザ・ロケッツ
 SHEENA & THE ROKKETS
 ※1stプレスのカタカナ表記は「シーナ&ロケット」。

【ギターは鮎川誠さん!】
~まずは最大ヒット・ヴァージョンと聴き比べ。

13-a) Love Potion No.9
 恋の特効薬 1965年3位
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /サーチャーズ The Seachers
 ※The Clovers-1959年23位

13-b) 恋の特効薬 1979年
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller / 編曲:坂本龍一 ]
 /酒井俊

【ビルボード年間チャート10位】
~当初、国内盤は「Love Of A Woman(恋するウーマン)」のB面

14) Sad Eyes
 サッド・アイズ 1979年1位/AC10位
 [ Robert John ]
 /ロバート・ジョン Robert John  

【名盤『パパ・ヘミングウェイ』から 】
~演奏陣には小原礼さんや高橋幸宏さん、坂本龍一さんに大村憲司さんも。

15) LAZY GIRL 
 レイジー・ガール 1979年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:加藤和彦 ]
 /加藤和彦 (with 佐藤奈々子)
 
【当時パイドパイパー・ハウスでベストセラー】
~『Bop Till You Drop(バップ・ドロップ・デラックス)』より

16) Down In Hollywood
 ダウン・イン・ハリウッド 1979年
 [ Ry Cooder / Tim Drummond ]
 /ライ・クーダー Ry Cooder

【1979年の新人歌手】
~第2回「熱海サンレモ音楽祭」グランプリ受賞

17) A BOY 1979年
 [ 作詞:三浦徳子 / 作曲・編曲:後藤次利 ]
 /大滝裕子

【『ジャズ(Jazz)』再発CDのボーナス・トラックから』】
18) Don't Stop Me Now (with Long-Lost Guitars)
 ドント・ストップ・ミー・ナウ
  (ウィズ・ロング・ロスト・ギターズ)
 1979年UK9位
 [ Freddie Mercury ]  
 /クイーン Queen

ED) Nice Folks
 ナイス・フォークス 1969年
 [ Kenny Altman ]
 /フィフス・アヴェニュー・バンド
 The Fifth Avenue Band


毎月第1金曜日早朝のお楽しみ、クリス松村さんと長門芳郎さんによるTFM『団塊ザ・ミュージック』。昨年の第1回第2回、そして第3回放送に続いて、新年一発目となる第4回放送分のプレイリストもBGM諸々データ番組の流れ的なものもざっと書き添えつつ、個人的に作成、ブログに記録させて頂きます(#団塊ザ・ミュージックタグも設定しました)。

「1979年」にフォーカスを当てた今回も、達郎さんの「愛を描いて」アナログ箱『THE RCA/AIR YEARS LP BOX 1976-1982』スペシャル・ボーナス盤にのみ収録されてる熱いライヴ・ヴァージョンだったり、同じくロッド「アイム・セクシー」今尚未CD化のチャリティ・ライヴ盤『Music for UNICEF Concert』に収められてた貴重なライヴ・ヴァージョン、かと思えば、クイーン「ドント・ストップ・ミー・ナウ」近年再発されたCDのボーナス・トラックでしか味わえない別ヴァージョンだったりと、随所にこだわりの選曲がギッシリ詰まった120分(長門さんもおっしゃってましたけど、曲の並びがまた素敵じゃないですか)。更に「マッカーサー・パーク」「イエロー・マジック・カーニバル」「恋の特効薬」などはオリジナル(や代表的なヒット・ヴァージョン)とカヴァー・ヴァージョンを絶妙な編集で繋げて聴き比べてみようというこの番組ならではの新趣向も加わって、ラジオを聴く醍醐味が益々増幅(そう言えば僕もカセットテープ時代には似たような感覚で編集テープ作って遊んでましたっけ)。チャートやレコードの売り上げ枚数などもさることながら、化粧品航空会社CMソングに着目して事細かに教えて下さるのもクリスさんだけでしょう。当時のコンテスト事情なども疎いので、ああそうだったのかと、ホントいろいろ参考になります。

最後に、念のため確認しておきますと、次回2月3日(金)放送の第5回は引き続き「1980年」がテーマとのこと。いよいよ佐野元春さんも登場しそうですね!

| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初詣2017

下鴨神社下鴨神社

2017年01月04日(水)

今年も初詣世界遺産下鴨神社へ。

下鴨神社下鴨神社

でも蹴鞠始めの日に参拝したのは初めて
(といっても、混雑を避けるべく、参拝は神事が始まる前に)。

下鴨神社ブーツ

昨年2月の冬物売りつくしセールラスト1足の半額で手に入れた防水仕様&防滑ソールのハイカットブーツもようやくこの初詣でデビューだったというのに、思いのほか暖かくてやや拍子抜け(^^;)。故に例年より新春の空気感は薄かったような気もしますが、それでも開運厄除の甘酒だけはしっかり頂きました。

出町柳出町柳

お天気がいいと足取りも軽くなり、帰りに映画『パッチギ!』などでもお馴染み、出町柳三角デルタ鴨川の飛び石をピョンヒョン渡り初め(10年ぶりくらいかも)。

冨美家鍋錦市場

そして初詣の後のランチは錦市場で名物の冨美家鍋。ブログで確認したら2011年から7年連続このコース(笑)。鍋焼きうどん近江の羽二重餅×2と玉子えび天パーフェクト・ハーモニー670円で味わえる幸せ。冬の京都の一番の楽しみです。

若冲若冲

年始の錦市場はまだお休みのお店もちらほら。そのぶん人通りもやや少なめでいつもより歩きやすく、日中でも若沖のシャッターアートをいくつか鑑賞することが出来ました。

イノダイノダ

めっちゃ久しぶりにイノダ本店でコーヒーブルース。
流石に混んでます。

posted at 15:42:49

昨年末にEテレで放送された『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』における「松本隆さん×船越雅代さん」の対談場所の一つでしたから、その場面がカフェ選びの際にふと頭を過ぎったような次第(勿論、高田渡さんの歌声も)。

初詣2016

そう言えばカフェ・ド・クリエの錦市場店、昨年秋に閉店してたんですね。京都らしい限定メニューもあって、錦市場の商店街を見下ろせる2階席には水琴窟甲冑の置かれた茶室若冲の絵。リーズナブルで居心地もよくて、お気に入りの空間でした。残念です。
http://guide.travel.co.jp/article/5158/

旧・家邊徳時計店

佐野元春さんのレコジャケにも登場した京都・三条通登録有形文化財旧・家邊徳時計店。一時期、空き店舗になってましたけど、現在はこんな感じ。ウィンドウのディスプレイはダマシン時代に比べると少々地味でしょうか。

白川

2017年の初カレーは白川の豚角煮カレー。
やっぱりトロトロで最高!!

posted at 18:27:45

これまたここ数年すっかりお決まりのコース(笑)。

尚、一応今年も初詣の帰りにレコ屋さんには立ち寄ったものの、珍しく購入には到りませんでした・・・。それには、ちょっとした理由があるんですが、その理由を明らかに出来るのはまだもう少し先になりそうです。

gremzgremz

2016年はワーナーさんからライノのカレンダーを頂戴しましたけど、2017年はグリムス(gremz)の9周年プレゼント当選したカレンダーを愛用させて頂きます(有難うございます!)。

gremzgremzgremz

日々ブログで育てておりますグリムスの木は只今17本目がすくすく成長中(どうやら、モンゴルを中心に12本目までが植林して頂けたようです)。今年のお正月ヴァージョンは最終日ニワトリが金の卵を産んでましたね。

ArchitectArchitect
(2015/7/22)
C Duncan
Fat Cat

最後に、この冬のお気に入りはグラスゴーを拠点に活躍してる新進気鋭のシンガーソングライター、C Duncan。相変わらず選曲センスが抜群に素晴らしいDate FM『遊佐未森の“銀河ラジオ”』で教えて貰いました。



「I'll Be Gone By Winter」楽曲に加え音の響きも美しくて益々うっとり。Fat Cat Recordsのレーベル面って実際このデザインなんでしょうか?だとしたら余計にアナログ盤が欲しくなってしまいます(^^)。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#155

Bossa n'EssentialBossa n'Essential
(2012/11/13)
Various Artists


『亀渕昭信のお宝POPS』#155
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年12月18日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2016年12月18日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Cutie Pie
 キューティー・パイ 1961年
 [ Johnny Tillotson ]
 /ジョニー・ティロットソン Johnny Tillotson
 ※日本でのみヒット(アメリカではB面)

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ビートルズの2015年版オフィシャル・カレンダー
をプレゼント(亀渕さんのサイン入り)


-リクエスト-
02) Don't Let Me Down 
 ドント・レット・ミー・ダウン 1969年35位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

CM
-リクエスト-
03) Mr. Moonlight 
 ミスター・ムーンライト 1962年
 [ Roy Lee Johnson ]
 /ドクター・フィールグッド&ジ・インターンズ
 Dr.Feelgood & the Interns

-亀渕さんセレクト-
04) (I Can't Get No)Satisfaction
 サティスファクション 2005年
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /ミッシェル・シモナール
 Michelle Simonal
 ※The Rolling Stones-1965年1位(UK1位)

-リクエスト-
05) How Deep Is Your Love  
 愛はきらめきの中に 1977年1位/AC1位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ The Bee Gees

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第155回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントビートルズの2015年版オフィシャル・カレンダーでしたが。そう言えば亀渕さん、TBSラジオ『伊集院光とらじおと』2016年11月21日(月)放送にゲスト出演された際、思わずポロっと「昨日のプレゼントはビートルズのカレンダーだった」とおっしゃってましたよね!?東京では『お宝POPS』が放送されてないにしても、ネタバレじゃないですか(笑)。というか、随分前倒しで番組収録されてるんですね。亀渕さんと伊集院さんのラジオ談義、とっても興味深くて、もっと聞きたいくらいでした。

それにしても、亀渕さん、第59回放送では「サティスファクション」オーティス・レディングでかけて下さってましたけど、今回はミッシェル・シモナールによるボッサなカヴァーと、よっぽど「サティスファクション」がお好きなんでしょうか?(更に遡ればNHKラジオ第1時代、2010年11月09日『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』第40回放送における「いくつになってもローリング・ストーン」特集でもオーティスのライヴ・ヴァージョンで「サティスファクション」かけて下さってましたし)。是非今度はアレサ・フランクリンDevoによるカヴァー・ヴァージョンなんかもお願いします!


| Kame Radio | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT